モバイルSuica - 利用履歴を取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

モバイルSuicaをご利用の方は、利用やチャージの履歴をfreeeに取り込むことができます。

取り込んだ明細は「自動で経理」機能を使って帳簿付けを自動化できますので、経理業務を効率化できます。

 

目次



freeeに口座として登録する

1.[口座]→[口座を登録]をクリックします。

2.検索欄に「モバイル」等と入力すると、右側の「決済サービスや電子マネー」欄に「モバイルSuica」「モバイルSuica(My JR-EAST)」と表示されますので、いずれかをクリックします。

  • My JR-EAST をご利用ではない場合は、「モバイルSuica」をクリックします。
  • My JR-EAST をご利用の場合は、「モバイルSuica(My JR-EAST)」をクリックします。



3.[登録する]をクリックします。


4.モバイルSuicaがfreeeに「口座」として登録されますので、モバイルSuica(またはMy JR-EAST)で利用しているログイン情報を入力し、同期ボタンをクリックします。


ホーム画面の口座一覧に、モバイルSuicaの口座が追加されます。



利用明細を取り込む

1.ホーム画面の口座一覧の、モバイルSuica口座をクリックします。

2.[今すぐ同期]ボタンをクリックします。


3.少し時間が経過すると、ボタンが[画像認証してください]という表示に切り替わりますので、すぐにクリックします。


4.先ほどの[画像認証してください]ボタンが表示されてから60秒以内に、画像に描かれている文字列をフォームに入力して、[保存して同期を再開]をクリックします。

【60秒以上が経過した後に文字列を入力した場合】
①エラーが表示されますので、一度ホーム画面に戻ります。
②口座をクリックして[画像認証のタイムアウト]ボタンをクリックします。
③[同期を再開する]をクリックします。
④再度、上記3〜4の手順を繰り返して画像認証を行います。

5.画像認証が正しく完了すると、同期が自動で再開されます。

ボタンに[今すぐ同期 (日付) 同期成功]と表示されたら、明細の取り込みは完了です。



取り込んだ明細から帳簿付けをする

明細の取り込み後、モバイルSuica口座の右上のオレンジの数字をクリックすると、「自動で経理」の画面が開き、取引などを登録できます。

登録する内容は、事業/プライベートと収支の区分により異なります。
登録内容の概要は下表のとおりです。(詳細後述)

 

事業

プライベート

支出
(出金)

種類:支出取引

勘定科目:内容による

種類:支出取引

勘定科目:事業主貸 or 役員貸付金

収入

(入金)

種類:口座振替

振替元:現金・カード口座

種類:収入取引

勘定科目:事業主借 or 役員借入金

 

事業上の支出の場合

[カンタン取引登録]タブを開き、支出内容に合わせた勘定科目を選択して、支出取引を登録します。

 

プライベートの支出の場合

個人事業主の場合、プライベートの支出は勘定科目を「事業主貸」として取引を登録します。
法人の場合、役員個人の支出は勘定科目を「役員貸付金」として取引を登録します。

 

事業用の現金・カードからチャージした場合

[口座振替・カード引落とし]タブを開き、「現金」またはチャージに使ったカードの口座からの振替として登録します。

こうすることで、「事業用の現金・クレジットカードからSuicaに資金が移動した」ことを登録できます。

 

プライベートの現金・カードからチャージした場合

個人事業主の場合、プライベートの現金・カードからチャージした場合は、勘定科目「事業主借」の収入取引として登録します。

法人の場合、役員個人の現金・カードからチャージした場合は、勘定科目「役員借入金」の収入取引として登録します。