misoca(みそか) - 請求書のデータを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

無料の請求書管理サービス「misoca(みそか)」で作成したデータを取引として取り込むことができます。

freee API

 

目次

  1. misocaとの連携の設定方法
  2. 源泉徴収税分のfreeeへのつながり方について

 

misocaとの連携の設定方法

1.misocaのアカウントを作成します。

2.misocaの[設定]→[アカウント情報]から、[ログイン情報]画面を開きます。


3. [ログイン情報]画面の下部にある[freeeと連携する]をクリックします。

4. freeeにてアプリの連携許可が求められるため、「許可する」をクリックします。

※ freeeにログインしていない状態では、ログイン情報が要求されます


5. misocaで請求書を作成し、保存します。


6. 作成した任意の請求書にて[freeeに送信]をクリックします。


freeeで複数の事業所を作成している場合、データを送信する事業所を選択して送信します。


7.請求書のデータが送信され、freee側で未決済取引として登録されます。

 

 

源泉徴収税分のfreeeへのつながり方について

源泉徴収分は、勘定科目「事業主貸」、品目「源泉所得税」として取引が作成されます。なお、freee側にて作成された取引を編集することが可能となっています。

※ freeeに「事業主貸」勘定及び「源泉所得税」の品目がないと、freeeへの送信がエラーとなります。エラーが発生する場合、両者をfreeeにて追加したのちにfreeeへの送信をお試しください。