取引のひな型を作成する(取引テンプレート)

Print Friendly and PDFページを印刷

記帳を行っていると、同じ形の取引を何度も登録する場合があります。

例えば、複数行の取引や、取引先や品目が入る取引などを、頻繁に登録するのは手間に感じる方もいるのではないでしょうか?

freeeでは、そんな方のために、取引のひな型「取引テンプレート」を作成できる機能をご用意しています。

取引のひな型を作成しておき、頻繁に登録する取引の登録をさらにスムーズにしましょう。

 

目次

 

取引テンプレートを作成する

新規作成する

1.[設定]→[取引テンプレートの設定]を開き、[新規作成]タブをクリックします。


2. 取引テンプレートに登録する内容を入力します。
※ 取引の登録時に、ここに入力した内容をテンプレートとして呼び出して入力の手間を省くことができます。毎回内容が変わる項目はテンプレートで空欄にしておき、取引登録時に毎回入力します。

入力する内容は以下の通りです。

 項目必須?内容
収支 必須 収入、支出のいずれかを選択します。
グループ名 - テンプレートはグループ分けすることもできます。
どのグループにテンプレートを登録するのかを入力します。
テンプレート名 必須 テンプレートを選択する際に分りやすい名称を入力します。
ショートカット - テンプレートはショートカットで呼び出すこともできます。
そのショートカットを入力します。
口座 - 決済口座を選択します。
空欄にしておくと、未決済取引として登録されます。
取引先 - 取引先を選択します。
管理番号 - 管理番号を入力します。
取引情報 必須 勘定科目等を入力します。

 

過去に登録した取引から作成する

過去に登録した取引を、取引テンプレートとして登録することもできます。

1. [取引]→[取引の一覧]からテンプレートにする取引をクリックして、取引の詳細を表示します。

2. [取引テンプレートとして登録]のボタンをクリックします。


3. 取引テンプレートの詳細画面に取引の内容が反映されますので、必要であれば追記・修正して[保存]をクリックします。(入力内容についてはこちらを参照)

 

取引テンプレートを利用する

手動で取引を登録する場合

1.[取引]→[取引を登録]を開きます。

2.[取引テンプレート選択]をクリックします。


3. 呼び出したいテンプレート名を選択します。

 

4. 詳細登録画面が表示されるので、取引日等を入力して[登録]をクリックします。
※ 必要があれば、テンプレートによって自動入力された勘定科目・摘要・金額などの内容も修正できます。

 

「自動で経理」を利用する場合

1.[取引]→[自動で経理]を開きます。

2. 対象の明細の[カンタン取引登録]タブを開き、「複数行取引」へチェックを入れます。そうすると取引テンプレートを選択できるようになるので、任意のテンプレートを選択します。


3. 取引日を入力し登録します。
※ 必要があれば、テンプレートによって自動入力された勘定科目・摘要・金額などの内容も修正できます。

 

取引テンプレートを一括登録する

多くの取引テンプレートを登録したい場合は、一括登録することもできます。その場合は、取引テンプレートの情報を入れたCSVファイルを作成してインポートします。

1. CSVファイルを以下の要領で作成します。

ヘッダ行文字列必須内容
A 収支区分 必須 「収入」、「支出」のいずれかとします。
B グループ名 必須 テンプレートはグループ分けすることもできます。
どのグループにテンプレートを登録するのかを入力します。
C テンプレート名 必須 テンプレートを選択する際に分りやすい名称を入力します。
D ショートカット 必須 テンプレートはショートカットで呼び出すこともできます。
そのショートカットを入力します。
E 口座 - 口座名を入力します。
空欄にしておくと、未決済取引として登録されます。
F 取引先 - 取引先を入力します。
G 管理番号 - 管理番号を入力します。
H 勘定科目 必須 勘定科目等を入力します。
I 税区分 必須  
J 備考 -  
K 金額 -  
L 税計算区分 必須 「内税」、「外税」のいずれかとします。
M 税額 -  
N 品目 -  
O 部門 -  
P メモタグ -  

※ 複数行の取引を含むテンプレートを作成する場合は、H列(勘定科目)以降を2行分記載します。

※ 本ページ下部のファイルサンプルもご利用ください。 

2. [設定]→[取引テンプレートの設定]にて、右上の[インポート・エクスポート]ボタンから「取引テンプレートcsvインポート」をクリックします。


3.[ファイルを選択]をクリックしてCSVファイルを選択し、[送信]ボタンをクリックします。


4. ファイルのアップロードが完了するとfreeeからメールが届くので、ページを再読込します。インポート履歴のステータスが「準備中」から「インポートする」に変わっているので、「インポートする」をクリックします。



5. 取り込みたい取引テンプレートにチェックを入れて、[選択した項目をインポートする]をクリックします。


6. インポートが完了するとfreeeからメールが届くので、ページを再読込します。インポート履歴のステータスが「インポート中」から「インポート完了」に変わっていることが確認できたら、インポートは完了です。

 


取引テンプレートインポート用CSVのサンプル 

以下のファイルの二行目以下を変更することで、取引テンプレートのインポートに利用できます。

ご利用の表計算ソフトの名前が入っているファイルをダウンロードしてください。(もし開かなかった場合はもう一方のファイルをダウンロードし直してください)