取引先・品目・部門・メモタグ・備考を設定する

Print Friendly and PDFページを印刷

例えば、あなたが取引先Aから材料を仕入れて、それを取引として登録したとします。その際、それがどんな取引だったかを後からでも確認できるようにするには、その取引に「誰から何を仕入れたか」をメモすると便利です。

freeeでは、取引に対して「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」「備考」という情報(摘要)を付与できます。ここでは、その設定方法をご案内します。

 

目次

 

freeeの取引に付与できる摘要

摘要の種類

摘要の種類 入力する内容
取引先 事業上の取引(商品の仕入れや販売など)を行なった相手
品目 どのような商品・サービスか
部門 事業部門や支店
メモタグ 目印を付けたいメモ
備考 自由入力欄

 

摘要の取引への付与イメージ

【例:広告・宣伝用の商材制作を行っている法人の場合】

①10/1に、CFO株式会社からポスターの発注されました。売上は50万円で、毎月10万円ずつ、5回に渡って入金がされる予定です。

  • 取引先:「CFO株式会社」
  • 品目:「ポスター代」
  • 備考:「5回に分けて部分決済」


②10/3には、先方とデザイン打ち合わせのため制作部が出張に行きました。経費は新幹線代3万円です。

  • 部門:「制作部」
  • メモタグ:「新幹線代」
  • 備考:「ポスターデザインの打ち合わせのため」


③10/20に、ABCスーパーマーケットで社内懇親会用に10万円分の食品を購入し、経費としました。

  • 備考:「社内懇親会のため」

*ABCスーパーマーケットは、商品を購入しただけで、事業として取引を行っているわけではありません。よって、ABCスーパーマーケットを「取引先」として登録する必要はありません。

 

取引先・品目・部門・メモタグを登録する

「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」は、あとから管理・検索しやすいように、登録した選択肢の中から選んで取引に付与します。

例えば、「取引先」として「A社」「B社」「C社」を登録しておき、A〜C社から選んで取引に付与します。

※「備考」は、事前に選択肢の登録はせず、好きな文言を入力できます。

 

取引の登録時に選択肢を登録する

1.「取引先」または「品目・部門・メモタグ」欄をクリックして文言を入力すると、それを新規登録できる欄が表示されます。


2.「品目・部門・メモタグ」欄をクリックして遷移した場合は、どの種類の摘要を登録するかを選択します。


3.ショートカットを任意で設定し[登録する]ボタンをクリックします。ショートカットを設定すると、入力欄でそのショートカットを入力するだけで該当する摘要が呼び出せます。


4.登録が完了すると、その摘要が取引に付与されています。

 

設定画面から登録・修正・削除する

[設定]メニュー内にある摘要の設定画面からも、同じように登録できます。


取引先の設定画面では、取引先の住所、電話番号、振込先口座などの詳細情報を入力できます。
※ 営業担当者の名前やメールアドレスは、請求書の作成・送付時に自動で転記されます。


また、一覧画面から、登録した摘要を編集・削除することもできます。

  • 摘要にチェックを入れた状態で[削除]ボタンをクリックすると一括で削除できます。
    (チェックボックスが表示されていない摘要は取引などで使用中のため削除できません)
  • 右側のペンマークをクリックすると、摘要の名称や情報を編集できます。

※ 摘要を削除する場合は、先にすべての取引からその摘要を外す必要があります。摘要は、取引の一括編集機能でまとめて外すことができます。(詳しくはこちら

※ 取引先・品目・部門・メモタグは、半角記号英数→かな→全角カナ→漢字→全角記号英数→半角カナ の順に並んでいます。(詳しくはこちら

  


参考:取引・品目・部門・メモタグの一括登録

[設定]メニュー内にある、取引・品目・部門・メモタグの設定画面から、各摘要を一括で出力(CSVエクスポート)したり、取り込む(CSVインポート)ことができます。(ヘルプ


以下のような場合は、CSVインポートを使って一括で摘要を取り込みましょう。

  • お手元で取引先情報等を管理している場合
  • 他の会計ソフトに摘要情報がある場合
  • たくさんの情報を登録される場合

 


取引先・品目を補助科目のように勘定科目に紐つける

取引先・品目を補助科目のようにある勘定科目の内訳として用いたい場合、勘定科目の内訳管理用の取引先・品目を設定することで対応できます。詳しくはこちらのヘルプページをご確認ください。