消費税の端数調整を行う

Print Friendly and PDFページを印刷

消費税の金額は、「品目ごとの消費税を合計した場合」と、「品目の本体価格を合計してから消費税を計算した場合」とで、その金額が異なることがあります。

その場合は、消費税を直接編集して端数を調整することができます。

 

目次

 

事前準備:消費税の計算方法を「税抜経理」に変更する

1.[設定]→[事業所の設定]を開きます。

2.[詳細設定]タブをクリックします。


3.「消費税経理処理方法」を「税抜経理」に変更します。

この時、「消費税端数処理方法」も適切な計算方法になっているか確認します。(切り捨て・切り上げ・四捨五入から選択できます)


 

過去に登録した取引の消費税を調整する

例:

取引先より、以下のような請求書を受領し、合計金額を取引として登録した。


(品目)

(金額)

商品A

10,000円(うち消費税   741円)

商品B

21,000円(うち消費税 1,556円)

合計

31,000円(うち消費税 2,297円)


しかし、31,000円の消費税を内税・四捨五入で計算すると2,296円となり、支払った金額と1円ずれるため、それを修正したい。


1.[取引]→[取引の一覧]を開きます。

2.消費税を調整したい取引の行をクリックして、詳細を開きます。

3.取引の金額欄の下にある、「消費税を表示」欄にチェックを入れます。
SS_2017-06-06_16_20_43.png

4.表示される消費税欄を直接編集し、[保存]ボタンをクリックします。
SS_2017-06-06_16_22_41.png

 

取引の登録時に消費税を調整する

1.取引の登録時に消費税の端数を調整したい場合は、「詳細登録」メニューを開きます。


2.その中にある「消費税を表示」欄にチェックを入れると、消費税の計算方法(内税or外税)と金額の入力欄が表示されますので、そちらに入力して保存します。
SS_2017-06-06_17_22_46.png

SS_2017-06-06_17_23_15.png