【個人】棚卸資産の残高を登録する(在庫棚卸)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

期末に未使用(未販売)の商品等の金額の合計額を登録します。

取引登録時に「仕入高」勘定(売上原価)として登録しても、期末に販売していない商品や、まだ使っていない物品は、資産として計上しておく必要があります。在庫がある場合は、期末に数量確認(棚卸)を行い、残っている残高分を商品として計上します。

このページでは、個人事業主の在庫棚卸について解説しています。法人向けの解説はこちらをご覧ください。

 

目次

  1. 売上原価の算出方法について
  2. 在庫棚卸を行う
  3. 参考:製造業向け棚卸資産
  4. 参考:freeeの開始残高に入力された棚卸資産について

 

売上原価の算出方法について

期末に残った在庫分を差し引く

freeeでは、売上原価となる在庫購入を「仕入高」等としてすべて登録したのち、期末に残った棚卸資産金額を控除して売上原価を計算します。この計算方式を棚卸計算法(Periodic Inventory System)といいます。

期末に滞留している在庫は当期の売上原価として費用処理すべきでないため、期末在庫棚卸高は売上原価から控除されます。

※ 期首商品棚卸高は、前年末の在庫棚卸から自動で反映されます。freeeの導入初年度の場合は、「開始残高の設定」に入力した「商品」勘定の金額が反映されます。

 

在庫棚卸を行う

在庫棚卸は、[確定申告]→[在庫棚卸]から行います。

1「在庫棚卸」から「新しい期末処理を入力」をクリックします。_X_N_______V___b_g_2014-04-17_11.38.03.png 


「決算時」のラジオボックスを選んで棚卸金額を入力して「保存」をクリックします。_X_N_______V___b_g_2014-04-17_11.42.56.png

※ 金額は、売値ではなく仕入れ値ベース(製造業であれば投入原価ベース)となります


処理の結果(仕訳)は、登録された棚卸処理の一覧にある「詳細」から確認します。_X_N_______V___b_g_2014-04-17_11.43.19.png 

_X_N_______V___b_g_2014-04-17_11.43.28.png

 


参考:製造業向け棚卸資産

「設定」→「事業所の設定」にて製造業向け機能を「使用する」と設定にしている場合、在庫棚卸を「商品」「製品」「半製品」「仕掛品」「原材料」の各棚卸資産について行うことができます。

 

入力する内容、及び財務諸表で反映される勘定は次のとおりです。

項目 内容 貸借対照表 損益計算書
商品 販売目的で外部から購入したもの 商品 期末商品棚卸高
原材料 製造に用いる原材料
例:材料、燃料、補助材料、消耗工具
原材料 [製]期末材料棚卸高
仕掛品 製造途中の未完成のもの 仕掛品 [製]期末仕掛品
半製品

そのままでも販売可能な、製造途中の未完成品
例:テレビ製造におけるディスプレイパネル、木工品製作における木板

半製品 [製]期末半製品
製品 販売目的で製造した完成品 製品 期末製品棚卸高

 


参考:freeeの開始残高に入力された棚卸資産について

[設定]→[開始残高の設定]にて入力された「商品」「製品」「半製品」「仕掛品」「原材料」の各勘定科目については、それぞれ下表の通り振替え処理が自動で行われます。

項目 振替先 損益勘定科目
商品 期首商品棚卸高
材料 [製]期首材料棚卸高
仕掛品 [製]期首仕掛品
半製品 [製]期首半製品
製品 期首製品棚卸高

 

内容は、 [確定申告]→[在庫棚卸]から棚卸月「開始残高」の項目として確認できます。