資金繰りレポートでキャッシュフローを確認する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

事業を運営する上では、「どういった内容で資金を使ったか、今後の資金の出入り予定はどうか」といった、資金繰り(キャッシュフロー)情報を確認することが必要です。
資金繰りレポートでは、この資金の動きをグラフで簡単に確認できます。

 

目次

 

資金繰りレポートの活用例

資金繰りレポートでは、入金額、出金額を勘定科目・口座別に集計します。freeeに未決済の取引を登録している場合、今後の入出金予定についてもレポートに含めることができます。

登録した入金額、出金額の情報を勘定科目別だけではなく、取引先や品目別に把握することも可能です。 

  • 今月はどういった勘定科目で一番お金を使ったのか
  • 今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認する
  • 直接法のキャッシュ・フロー計算書を作成する

 

資金繰りレポートを確認する

「レポート」→「資金繰りレポート」から確認できます。
cash_summary_menu.png

 

グラフ部分について

青色は収入、赤色は支出、橙色は収支、緑色は残高を表しています。

 

レポート部分について

入出金について、営業・投資・財務の3つの区分に分けて、勘定科目別に集計します。 「表示するタグ」を指定して絞り込むことで、取引先、品目、部門別の内訳を表示させることもできます。

  • 営業収支とは営業活動で発生した収支のことです。(売上高、仕入高 等) 
  • 投資収支とは設備投資等に関係する収支のことです。(固定資産の取得や売却、貸付金の貸付や回収、株式の取得や売却 等) 
  • 財務収支とは資金調達等に関係する収支のことです。(借入金の借入や返済、株式の発行 等) 

 

入出金予定を反映して表示する

資金繰りレポートには通常、決済済の取引(既に入金・出金がされている取引)のみ表示されますが、「入出金予定も含める」を選択すると資金繰りレポートに未決済の取引(売掛金や買掛金)も含めて表示させることが可能となります。


水色の枠で囲ってある箇所が入出金予定を含んだ金額となります。

 

レポート上の集計分類を編集する

それぞれの勘定科目について、営業収支・投資収支・財務収支のいずれに含めるか設定することができます。新規に追加した勘定科目の集計分類を修正したい場合などにご利用ください。

資金繰りレポート画面の右上の「その他の機能」より、「集計分類」をクリックします。
category-setting.png

任意の勘定科目について、「編集」ボタンをクリックし、集計分類を変更して保存します。
select.PNG

 

直接法のキャッシュ・フロー計算書を作成する

freeeの資金繰りレポートは、直接法のキャッシュ・フロー計算書に準じた内容となっています。発生主義で記帳している場合、CSVファイルとしてエクスポートし編集することでキャッシュ・フロー計算書を作成できます。こちらのキャッシュフロー計算書様式もお使いいただけます。

複数の集計分類毎にまたがる勘定科目の利用がある場合は、一部 Excel等で修正を入れる必要があります。
【例】

  • 当期の前渡金の支出160万円について、固定資産の取得に係る分が120万円あったため、当該金額分を営業収支から投資収支へと組み替える。
  • 現金・現金同等物に係る換算差額が「為替差益」「為替差損」として営業収支に含まれていたため、当該金額分を営業収支から差し引いた