集計表の見方と活用アイディア

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

 freeeには日付や項目でデータを集計していただける「集計表」というレポートがあります。集計表は、freeeのレポートでは唯一クロス集計機能がついており、2つまで軸を選んで集計できます。

 

集計表の活用アイディア

  • 「売上高」として入力した取引の件数を知りたい
  • 複数の条件で絞り込みをかけて、集計結果を知りたい

 

集計表の確認方法

[レポート]→[集計表]にて、集計表を確認することができます。

 

集計表の使い方

集計表は複数の条件で絞り込みをかけることができます。

例えば、縦軸「年月」、横軸「勘定科目」、表示「行数」、勘定科目「売上高」で絞り込みをかけるとします。そうすると、売上を入力した取引数の一覧を見ることができます。

金額だけでなく行数も見ることが出来るため、何個売上げたかを確認することもできます。

※ 集計表では勘定科目に関わらず、「貸方 - 借方」の金額が表示されます。


その他、様々な条件で絞り込みをかけることもできるため、ご希望の条件で様々な集計結果を見ることができます。