レシート類をスマホのカメラで取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeの「ファイルボックス」機能は、領収書や請求書をfreeeに取り込むことで、煩雑だった各種作業を効率化します。紙の書類もデータで受け取った書類も、簡単に取り込むことができます。

ここでは、スマートフォンのカメラで書類を撮影して取り込む方法をご紹介します。

 

目次

 

iOS版 会計freeeの場合

標準のカメラアプリで撮影する

1. スマートフォンからiOS版 会計freeeを起動し、ホーム画面の[アップロード]ボタンをタップします。


2. 自動でカメラアプリが立ち上がるので、登録する領収書や請求書を撮影します。
※ 複数の書類をまとめて撮影して取り込むこともできます。詳しくはこちらをご参照ください。

3. ピントがあっていること、必要な情報が収まっていることを確認し、[写真を使用]をタップします。

※ 画面が真っ暗になる場合は、iPhoneの「設定」を開き、「プライバシー」 →「カメラ」とすすみ「freee」をオンにしてください。

 

4. メモを追記して保存します。保存すると、自動でファイルボックスの一覧画面に移動します。
 
 

5. 取引を紐付けて登録したい写真を選択し、[取引を登録する]ボタンをタップして取引情報を登録します。

この際、写真をアップしてから数十秒待ってから写真を選択すると、OCRという機能(画像データから文字を解析する機能)により、自動で項目が入力されています。

 


※スマートフォンで撮影した書類を、Web版 会計freeeで帳簿付けすることもできます。詳しい手順はこちらをご覧ください。

 

カメラをスキャナとして使えるアプリで取り込む

Evernote社のアプリ「Scannable」を使えば、手元にスキャナがなくても綺麗に書類を取り込むことができます。

このアプリで書類を撮影してfreeeに転送すれば、自動入力機能の精度がより高まる他、freee上で書類の確認もしやすくなります。

1. お手持ちのiOSデバイスに、iOS版 会計freeeScannableアプリをダウンロードします。

2. 予め書類を取り込みたい事業所でfreeeにログインしておきます。

3. Scannableを起動して書類にカメラを向けると、書類の部分が青く表示されて自動で撮影されます。複数の書類を連続することも可能です。


4. 撮影を終えたら、画面下のチェックマークをタップします。


5. 撮影した画像の一覧で、全ての画像が選択されていることを確認してから、アップロードボタン→[その他]を選択します。
  

6.[このアプリで開く...]→[freeeで開く]を選択します。
 


7. iOS版 会計freeeが開きScannableから転送された写真の一覧が表示されますので、[保存]を選択します。(複数の書類をScannableで取り込んだ場合、それぞれ別個のファイルとして取り込まれます)


8. 左メニューの[ファイルボックス]をタップして再度ファイルボックス画面を開き、任意の画像を選択して取引を登録します。
 


「OCR」は画像データから自動でテキストを読み込み反映した項目を示しています。
勘定科目や口座などを入力すればそのまま取引として保存できます。


 

Android版 会計freeeの場合

1. ホーム画面、または、[ファイルボックス]メニューのカメラボタンをタップします。
  

2. カメラが起動するので、書類を撮影します。撮影した写真が問題なければ、チェックマークをタップします。
※ 複数の書類をまとめて撮影して取り込むこともできます。詳しくはこちらをご参照ください。


3. 写真の確認画面が表示されるので[保存]ボタンをタップします。


4. ファイルボックスのメニューに写真が追加されたら、その写真をタップします。


5.[取引を登録する]をタップし、取引の内容を入力して[保存]をタップします。
※ 自動入力された項目には「OCR」と表示されています。
 

6. 取引を登録したファイルは、ファイルボックスメニューからその写真を表示して[取引]をタップすると、登録した取引を確認できます。