請求内容への入金を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

請求書を作成すると、同時に未決済の取引も登録されます。請求内容への入金の登録(消し込み)は、請求書の一覧・自動で経理・取引の一覧から行うことができます。

ここでは、請求書の請求内容が決済された際の登録方法をご紹介します。

 

目次



請求書の一覧から入金を登録する

1.[取引]→[見積書・納品書・請求書]を開き、[請求書]タブを開きます。このタブを開くと、未入金の請求書の一覧を表示できます。


2.請求内容に入金があった請求書の[入金を登録]をクリックします。

※ 書類の詳細画面にあるボタンからも、入金を登録できます。詳細画面は、一覧で書類の行をクリックすると開けます。


3.以下のいずれかの方法で決済内容を入力します。

①請求内容通りの金額が入金され、その明細が口座に取り込まれている場合

「明細から登録」を選択し、該当する入金明細を選択して[保存]をクリックします。


②請求書と合致しない金額が入金され、その明細が口座に取り込まれている場合

手数料が差し引かれた場合など請求書の金額と合致しない入金があった場合は、「明細から登録」にてその明細を選択後、差分の取引を登録します。

請求内容の一部が入金され、今後残りの決済がある場合は、「部分決済にする」を選択します。


③手動で決済を登録する場合

「決済をこの場で入力」を選択後、決済口座、決済日、決済金額を入力し、保存します。



取り込んだ銀行の明細から入金を登録する

銀行口座から自動で明細を取り込んでいる方は、「自動で経理」機能により、明細から請求内容への入金を登録できます。

詳しい方法については、こちらをご覧ください。



取引の一覧から入金を登録する

取引の一覧から、請求内容への入金を手動で登録することもできます。

詳しい方法については、こちらをご覧ください。

 


参考:請求内容への入金登録を全自動にする

一部の銀行で提供されているサービス「振込専用口座」を請求内容の入金先として指定することで、入金の登録(消し込み)作業を全自動にすることができます。

詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。