現預金レポートの見方と活用アイディア

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

あなたの事業を見るときに、「どれだけのお金がいつ動いたのか、そしてその時点で残高はいくらだったのか」を確認することが大切です。

freeeではこういった現預金の動きを、グラフで見やすくご案内しています。

 

目次

 

現預金レポートの活用アイディア

  • 今月のお金はどれくらい動いたのか
  • 先週の現金の残高はいくらだったのか
  • 現金出納帳や預金出納帳としてのご活用 

 

現預金レポートの確認方法

[ホーム画面]→[レポート]→[現預金レポート]より現預金レポートを確認することが出来ます。

 

現預金レポートに表示される取引

現預金レポートには会計freee上で、入力した「現金」や「銀行口座」の取引のデータが、
一覧形式で表示されます。
 
「現金」や「銀行口座」の取引とは例えば、以下のようなものです。

1. 2014年9月20日に「旅費交通費」として、3,500円を現金で支払いました。


2. 2014年9月30日に「仕入高」として、50,000円を三菱東京UFJから仕入先に振込みました。


3. 現預金レポートには、2014年9月30日に現金で3,500円の支払い、2014年9月30日に三菱東京UFJの50,000円の支払いが表示されていることが分かります。

 

条件で絞り込んで現預金レポートを見る

現預金レポートは口座名や日付、表示件数でフィルタをかけることが可能です。

例えば、現金だけを表示させたい場合には、口座名を「現金」として「絞り込み」をかけると現金のみのレポートが表示されます。