固定資産を除却する

Print Friendly and PDFページを印刷

除却とは固定資産を取壊したり、廃棄することをいいます。freeeでは、固定資産台帳に「除却」の登録をすると、自動で除却処理を行うことができます。

固定資産を除却する際は、損金経理するための証拠となるよう、処分した事実と日付がわかるものを保存しておきましょう。

 

目次

  1. 固定資産の除却方法
  2. TIPS:年度締めを行った後の除却済み資産の表示について

 

固定資産の除却方法

1. [決算](または[確定申告])→[固定資産台帳]を選択すると、固定資産の一覧が表示されます。

2. 固定資産の一覧に表示されている資産の [詳細]を選択します。
 


3. 固定資産の詳細から、[資産の除却]を選択します。


4. 固定資産の除却画面が表示されます。各項目を選択して保存します。

 項目内容
期中の減価償却 除却日までの期中の減価償却を自動計上するかを選択します
除却した日 除却した日付を選択します
除却の仕訳の自動作成 チェックを入れた場合、固定資産除却損(個人事業の場合は雑損失)が自動で計上されます

 

5. 除却をした日までの減価償却費と固定資産除却損(個人事業の場合は雑損失)が自動で計算されました。

※ 上記は、月次で償却費を計上する設定の場合の表示です。

 

資産の除却後に「固定資産の一覧」を確認すると、今期除却済と表示されます。

 


TIPS:年度締めを行った後の除却済み資産の表示について

年度締めを行い翌会計期間に移ると、固定資産台帳から除却した資産は取り除かれています。