【法人】決算書を作成する〜貸借対照表〜

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

貸借対照表は会社の財政状態を表す計算書類です。B/S(ビーエス)とも呼ばれ(Balance Sheetの略、Balanceとは残高の意)、法人税の確定申告の際にも必要な決算書の1つとなります。

ここでは、貸借対照表の見方と、freeeでの会社法決算における貸借対照表の出力についてご案内します。

 

目次

  1. 貸借対照表とは
  2. 貸借対照表の見方
  3. 貸借対照表を作成する
  4. 参考:貸借対照表の形式
  5. 参考:決算書上の勘定科目を並び替える

 

貸借対照表とは

貸借対照表は、会社のある一時点における財政状態を表す計算書類です。例えば、3月決算企業の貸借対照表では、3月31日時点でどのような資産を持っていて、資金の調達源泉となる負債や資本金等がどうなっているか、残高を確認することができます。

貸借対照表が一時点での残高表示するものであるものに対して、「損益計算書」は会社がある一定期間で、どれくらいの収益をあげて、どれくらいの費用を負担し、結果的にいくら利益が出たかを表しています。

 

貸借対照表の見方

貸借対照表は、資金の調達源泉と、現在の運用状態を表示します。資産・負債・純資産の3つに分類され、資産は左側(借方)、負債と純資産は右側(貸方)に残高が表示されます。貸借の合計が一致しますので、資産=負債+純資産となります。

  • 資産:会社がどのような状態でモノやお金を持っているのか
  • 負債:会社が将来支払わなければいけないお金がどれだけあるか
  • 純資産:会社が出資者から集めたお金がどれだけあるか(また、それにどれくらいの利益もしくは損失を加算してきたか )
末日現在、どのような状態か その資金をどのように調達したか

【資産】… 現在の運用状態

1.流動資産(現金、預金、売掛金)
2.固定資産  

  • 有形固定資産(建物、車両運搬具)
  • 無形固定資産(ソフトウェア、電話加入権)
  • 投資その他の資産(敷金、有価証券)

3.繰延資産(開業費)

【負債】… 借りた資金で調達したもの

1.流動負債(買掛金、未払金、未払費用)
2.固定負債(長期借入金)

【純資産】… 株主の資金で調達したもの

1.株主資本
  • 資本金
  • 資本剰余金
  • 利益剰余金(利益準備金、その他利益剰余金)
2.評価換算差額等
3.新株予約権

 

貸借対照表を作成する

1.[決算]→[決算書の作成]→[この年度の決算書を作成する]を選択します。


2. 決算書の一式が自動で作成され、画面上で内容を確認できます。


3.[決算]→[決算書の作成]→「出力形式」から、出力形式を選択して保存します。

 


参考:貸借対照表の形式

会社法の決算では、貸借対照表は報告式・勘定式のいずれかから自由に選ぶことができます。

  • 報告式(前年度の比較の有無を選択できます):
    資産と負債・純資産を左右に並べずに、一列で表示させる形式となります。

  • 勘定式:
    資産の借方項目を左側、負債・純資産の貸方項目を右側に表示させる形式となります。通例こちらの方式が用いられます。

    勘定式の貸借対照表の場合、PDF出力時に「2017年10月にリリースされた新レイアウト」と「旧レイアウト」を選択することができます。決算書作成画面で以下の形式を選択した場合のみ新レイアウトでの出力が可能となります。

    貸借対照表:勘定式     
    損益計算書:freee形式

    _____.PNG

報告式 貸借対照表

 

勘定式 貸借対照表(旧レイアウト):[PDFで出力(旧レイアウト)]を選択した場合

 


 勘定式 貸借対照表(新レイアウト):[PDFで出力]を選択した場合

tai.PNG

参考:決算書上の勘定科目を並び替える

[設定]→[勘定科目の設定]の「決算書表示名の編集」から、決算書上の勘定科目を並び替えることができます。

 
行の右列に表示されたボタンをクリックしたのち、表示順を変更して保存します。

 


経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード