現金の残高ズレ・マイナス残高を解消する

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeのホーム画面や口座一覧で「現金」の残高がマイナスなどになっている場合、freeeへ登録した内容に誤りがある可能性があります。

本ページで紹介する方法で、現金が正しい残高になるように修正しましょう。

 

目次

 

修正が必要かどうかを確認する

ホーム画面や口座の一覧画面で「現金」口座が以下の状態になっている場合、現金の動きを登録できていない場合がありますので、登録内容の修正が必要だと考えられます。

  • 現金の残高がマイナスになっている

  • 事業用の現金の残高とfreee上の残高の間に、明らかに乖離がある
    (事業用とプライベート用の現金を分けている場合)

 

現預金レポートで残高ズレの詳細を確認する

[レポート]メニューまたは口座詳細から開くことができる「現預金レポート」では、現預金の残高推移を確認できます。

表示する口座を「現金」で絞り込むことで現金出納帳として利用できますので、現金残高の推移を確認しやすくなります。

なお、残高ズレの原因として、取引の決済日が間違えて1年後の日付になっているケースもありますので、表示期間を数年分に広げるなどしてご確認下さい。

 

残高ズレを解消する

残高ズレが発生する主な原因は下表の通りです。各方法で、残高ズレを解消しましょう。

考えられる原因

解消方法

プライベートの現金で支払ったものを「現金」口座で決済している

プライベートの現金(個人の財布に入っている現金)から支払った取引の決済口座は「プライベート資金」とします。

すでに「現金」決済で登録済みの取引がある場合は、こちらの方法で現金決済分を振り替えます。

開始残高が設定されていない

期首日時点の「事業用に用意した現金の残高」を、開始残高の設定画面に入力します。

事業用現金の預け入れ・引き出しを「口座振替」として登録していない

現金の預け入れは、現金→銀行の「口座振替」として登録します。

現金の引き出しは、銀行→現金の「口座振替」として登録します。

翌年度の日付で取引や決済を登録している

1.「取引の一覧」を開きます。

2.こちらの方法で、決済日を翌年度、決済口座を現金で絞り込みます。

3.表示される取引の中に当年度に支払った取引がある場合は、こちらの方法で決済を削除します。

4.3の取引を一つずつ開き、すべて当年度の日付で決済登録します。(詳しい手順はこちら

 

マイナス残高を解消できない場合の処理

上記の確認を行ってもマイナス残高を解消できない場合は、[確定申告書類の作成]画面の「収支」ステップの「現金の残高を登録しましょう」から振替伝票を作成します。



なお、「取引を登録」メニューから以下の取引を登録しても同様の仕訳を登録できます。

項目

入力内容

収入/支出

収入

決済

完了

口座

現金

取引日

期末日(個人事業主の場合は12月31日)

勘定科目

事業主借

金額

12月31日時点の現金のマイナス残高分(現預金レポートで確認可能)

(その他)

空欄でOK