給与(賞与)明細に反映される年末調整結果について

Print Friendly and PDFページを印刷

人事労務freeeでは、年末調整の各従業員の申告内容を確定すると、その結果が自動で給与・賞与明細に反映します。

すべての従業員の年末調整が「完了」ステータスになったら、人事労務freeeの[給与明細]または[賞与明細]メニューを開いて、反映内容を確認しましょう。

 

目次



給与合計への反映内容

「全従業員の給与合計」の「控除」欄に、年末調整の金額が反映されています。

 

従業員ごとの明細への反映内容

各従業員の給与明細の「控除」欄に年末調整の金額が反映されています。
還付金が生じる場合はマイナスの、不足金が生じる場合はプラスの金額が表示されます。

※ 通常、「支給」金額から「控除」金額が引かれた金額が「手取り」金額になりますが、「控除」金額がマイナスであれば「手取り」金額は「支給」金額よりも大きくなります。

 

給与(賞与)明細を確定する

[○月支払い分の給与(賞与)明細を確定する]ボタンをクリックすると、従業員にその通知が届き、会計freeeをご利用の方は取引も登録されます。

給与明細の確定については、こちらをご覧ください。

※ 給与明細を確定した後に年末調整の修正を行いたい場合は、一度確定した給与明細を未確定にしてから年末調整の修正をし、再度年末調整の内容を確定します。

 

会計データを確認する

給与明細を確定すると、自動で会計データが会計freeeに取り込まれます。会計freeeを開き、[取引]→[取引の一覧]から確認しましょう。

「年末調整還付」と「年末調整追加徴収」がそれぞれ、勘定科目「預り金」として合計金額で表示されています。

これらは毎月の給与の同様に、未決済取引として登録されるので、実際に従業員に還付したり、追加徴収した際に、決済を登録します。