社会保険料の納付の処理をする(毎月末)

Print Friendly and PDFページを印刷

毎月末に納付する社会保険料として、健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料があります。従業員への給与等の支払い時に控除した社会保険料は、会社負担分と合わせて毎月末までにそれぞれの納付先へ納めます。

※ 社会保険料は原則翌月に徴収します。例えば、5月分の社会保険料は6月支払いの給与にて控除され、6月末までに納付します。

標準報酬月額の見直し(定時決定)についてはこちら

 

目次

  1. 社会保険料の算出
  2. 社会保険料の毎月の処理
  3. 社会保険料を納付する

 

社会保険料の算出

1. 給与にかかる健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料

従業員に支払う給与額(通勤手当、家族手当などを含む)から「標準報酬月額」を求め、「保険料額表」から該当する等級に当てはめて納める保険料を確認できます。保険料は会社と従業員で折半します。

標準報酬月額は、毎年7月の定時決定で更新します。(詳細はこちら

 

2. 賞与にかかる健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料

賞与額(千円未満切り捨て)に保険料率をかけて算出します。保険料は会社と従業員で折半します。標準賞与額の上限は、健康保険では年度累計540万円(年度は毎年4月1日〜翌年3月31日まで)、厚生年金保険は一月あたり150万円となっており、これらを超える金額は保険料の対象とはなりません。

9月に保険料率が改定された場合は、9月以降に支払う賞与から反映します。なお、給与の場合は、9月分の徴収となる10月支払いから反映することになります。

 

給与freeeでは、予め給与規定・従業員情報を設定しておくことで、社会保険料の従業員負担・会社負担分の計算・計上を自動で行うことができます。詳細はこちらなどをご覧ください。

 

社会保険料の毎月の処理

1. 給与支払い時の処理

社会保険料の従業員負担分については、給与支出の発生時に「預り金」勘定の控除項目として処理します。詳細登録画面の[控除・マイナス行を追加]ボタンで追加した行(金額欄に▲のついている行)に記入します。給与freeeを用いている場合は、給与明細を確定することで自動で登録できます。

※ 雇用保険料は年度更新時に納付していますので、「立替金」勘定での処理となります

 

2. 月末の納付時の処理

社会保険料の会社の負担分については、「法定福利費」として処理します。預かった従業員負担分の納付は、「預り金」勘定の支出となります。[取引を登録]または、[自動で経理]から登録します。

 ※ 月末締め当月25日払いなどであれば上記のような処理となります。月末締め翌月15日払いなど、発生と決済で月をまたぐ場合は、法定福利費分は前月末に未払計上(未決済取引として登録)しているため、それに対して決済登録をして処理します。

※ 給与freeeを用いている場合も、給与締め日のタイミングで「法定福利費」が未払計上されるようになっており、当該未決済取引に決済を登録して消し込みます。

 

社会保険料を納付する

健康保険組合や年金事務所から送付される納入告知書を用いて、支払月の末日までに納付します。また、口座振替での納付することも可能です。

 

経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード