弥生会計から固定資産台帳を移行する ※法人のみ

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

会計ソフトを弥生会計からfreeeに乗換いただく際に、法人事業所の場合は弥生会計でご利用いただいていた固定資産台帳をfreeeにそのままインポートすることが可能です。

再度freeeで固定資産を登録し直す必要がないため、乗換の際には是非ご利用ください。

※ インポートした年度では、インポートした固定資産について自動で減価償却費の仕訳は計上しません。

 

弥生会計から乗換可能なデータ

以下のデータを移行することができます。

 

目次

  1. 固定資産台帳インポートの概要について
  2. 弥生会計から固定資産台帳をエクスポートする
  3. エクスポートした固定資産台帳をfreeeにインポートする
  4. 減価償却費の仕訳を確認する
  5. TIPS

 

1. 固定資産台帳インポートの概要について

固定資産台帳インポートは、弥生会計からfreeeへ乗換をされる場合に利用します。そのため、仕訳インポートと同じタイミングで行う必要があります。

弥生会計で入力されていた仕訳データは、仕訳インポートにて行い、固定資産情報の移行のために固定資産台帳インポートを行います。

  

2. 弥生会計から固定資産台帳をエクスポートする

1. 弥生会計の[拡張機能]→[固定資産管理]→[固定資産一覧]を選択します。


2. [ファイル]→[エクスポート]を選択します。


3. ファイルの出力先の選択画面になるため、該当の出力先を選択いただき「OK」を選択します。

 

3. エクスポートした固定資産台帳をfreeeにインポートする

1. [決算]→[固定資産台帳]→「固定資産のインポート」を選択します。


2. 「CSVファイルのアップロード」の中にあるグレーの枠を選択し、該当のファイルをインポートします。

3. エラーがない場合は、そのまま「登録する」を選択します。

エラーが発生する場合は「エラーが起きた行のみを表示する」を選択します。そうすると該当のエラー項目が赤く光りますので、その項目を修正後、再度インポートします。


4. 再度、画面を更新すると固定資産台帳がインポート出来ていることが確認可能です。

 

4. 減価償却費の仕訳を確認する

通常、freeeの固定資産台帳に固定資産を登録すると、減価償却費の仕訳が自動で作成されます。詳しくはこちらのヘルプページをご参照ください。

一方、固定資産台帳インポートでは、仕訳インポートとセットで行うため、データの重複を避ける目的からインポートした年度はインポートした固定資産データからは自動で減価償却費の仕訳は作成されません

 

年度締めという作業を行うと、翌年度へ会計期間が変更されます。

インポートした翌年度からは通常どおり、固定資産台帳から減価償却費の仕訳は作成されます。

例:2014年4月1日〜2015年3月31日に固定資産台帳をインポート

■2014年4月1日〜2015年3月31日

減価償却費の仕訳が自動作成されていないことが確認できます。


■2015年4月1日〜2016年3月31日

[決算]→[年度締め]を行い、翌年度へ会計期間を変更します。


会計期間が翌年度へ変更された後は、減価償却費の仕訳が自動で作成されていることが確認できます。


TIPS:除売却の扱いについて

freeeでは固定資産台帳の除却のみに対応しています。そのため、もし売却の入力を弥生会計で行っていた場合は、その売却した固定資産はインポート出来ませんのでご留意ください。

 


TIPS:営業外費用の扱いについて

freeeでは減価償却費の営業外費用への按分については対応しておりません。
そのため、弥生会計の固定資産台帳で営業外費用に按分していた割合は、販売管理費に合算した上でインポートする必要があります。

例:弥生会計で按分比率を下記のように設定している場合は、営業外費用の30%は販売管理費30%と合わせて、販売管理費60%としてCSVファイル上変更した上でインポートする必要があります。

[修正前]

  • 販売管理費 30%
  • 製造原価 40%
  • 営業外費用 30%

[修正後]

  • 販売管理費 60%
  • 製造原価 40%