その他の会計ソフトから開始残高を移行する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeで記帳を開始する際には、開始残高を設定します。開始残高とは、開業日や今期の期首日時点での資産・負債・資本の残高のことです。

前期末の貸借対照表のデータを用意すると、その情報を取り込むことで簡単に設定を行えます。

 

目次

  1. 取り込む開始残高データを準備する
  2. 開始残高データをfreeeへ取り込む

 

取り込む開始残高データを準備する

1行に勘定科目及び残高の情報を持つCSVファイルを用意します。前期末の貸借対照表の試算表をそのまま出力したCSVファイルを利用するか、必要に応じて加工して準備します。

データ内容のイメージ(次のいずれの形式でも差支えありません):
1. 残高が1列に入る形式

2. 残高の列が借方と貸方に分かれる形式
 

項目内容
勘定科目 freeeに存在しない勘定を追加する際は、インポート時に新規に設定を行います。

残高

借方残高と貸方残高が同じ列に入る形式でも、別の列に入る形でもインポートすることができます。借方と貸方で列が別れる場合は、片方に0を入力します。

 

開始残高データをfreeeへ取り込む

[設定]→[開始残高の設定]を開きます。初めて開始残高を設定する場合は右上の[インポート]ボタン→[他社会計ソフトインポート]または[CSVで開始残高を設定]をクリックします。


開始残高を設定したことがある場合は、右上の[インポート]ボタン→[他社会計ソフトインポート]をクリックします。

 

乗り換え元の会計ソフトとして、「その他会計ソフト」を選択します。

[③ CSVファイルのアップロード]の欄より、CSVファイルをアップロードします。

 

読み込む列の内容、無視する行を設定し、[設定する]ボタンをクリックします。

 

freeeに登録されていない勘定科目がある場合は[⑤ 新規データの設定]に表示されます。freeeで使用する場合は設定を行いますが、使わない勘定科目とする場合は設定は不要です。

 

[登録する]ボタンを押して、インポートを開始します。もしエラーが表示されていた場合は修正してから登録します。


約1〜2分でインポートが完了し、画面上部に[インポート済み]と表示されます。「開始残高の設定」をクリックし、インポート内容を確認します。

 

開始残高の勘定科目をfreeeで使用するものに変更します。

※他社ソフトでは、「普通預金」「当座預金」など、預金の種類ごとに科目と残高が登録されていることがあります。一方freeeでは、「三菱東京UFJ(普通)」「三井住友(当座)」など、口座ごとに科目と残高を登録します。

① [開始残高の編集]をクリックし、[借方科目を追加]で行を追加します。
② 登録した口座名を科目として選択します。
③ 預金の種類ごとに登録されていた残高を口座ごとの残高に登録し直します。
④ 「普通預金」「当座預金」「定期預金」はfreeeでは使用しない勘定科目のため、×ボタンで行を削除します。


※登録例
【他社ソフト】     【freee】
当座預金 150,000 → ▲▲銀行(当座)150,000
普通預金 117,000 → ◯◯銀行(普通)100,000
           → ■ ■銀行(普通) 17,000
定期預金 111,111 →   ××銀行(当座) 111,111

 

最後に[保存]ボタンを押して、開始残高の登録は完了です。