弥生会計から勘定科目・補助科目を移行する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeでは、弥生会計から勘定科目及び補助科目をインポートすることが可能となっています。前期まで弥生会計をお使いの場合は、よりスムーズにfreeeへ移行することができます。

予め、弥生会計の普通預金の補助科目に合わせて、freeeに口座を設定しておく必要があります。その際、弥生会計の補助科目とfreeeでの口座名を一致させます。

 

目次

  1. 弥生会計から乗換可能なデータについて
  2. 勘定科目及び補助科目のデータを弥生会計から出力する
  3. 出力したデータをfreeeへインポートする
  4. インポートした勘定科目・補助科目を確認する

 

弥生会計から乗換可能なデータについて

以下のデータを移行することができます。

 

勘定科目及び補助科目のデータを弥生会計から出力する

1. 弥生会計の[設定]メニュー→[科目設定]を選択します。

 

2.[ファイル]メニュー→[エクスポート]を選択します。

 

3. 出力帳票「勘定科目一覧表」または「補助科目一覧表」を選択し、汎用形式、カンマ(CSV)形式にて保存します。

※ 補助科目一覧表の場合、出力対象とする勘定を指定できます。(通常、すべての勘定科目を出力して問題ありません)

 

出力したデータをfreeeへインポートする

1. [設定]→[乗り換え設定]を選択します。

 

2.[② 勘定科目設定用データをインポート]または[③ 補助科目設定用データをインポート ]から、弥生会計から出力したファイルをアップロードします。

■ 勘定科目のインポートの場合

■ 補助科目のインポートの場合

 

3. 新規に追加する項目について設定を行い、登録する。

■ 勘定科目のインポート場合

2-2[新規勘定科目の設定]にて、新規にインポートされた勘定科目について、勘定科目のカテゴリー、決算書の表示名、未決済登録時の相手方勘定科目、消費税区分を設定します。設定が完了したら、2-3[登録]の「登録する」のボタンから登録します。


■ 補助科目のインポートの場合

3-2[新規補助科目の設定]にて、新規にインポートされた補助科目について、口座、取引先、品目のいずれに相当するかを設定します。設定が完了したら、3-3[登録]の「登録する」のボタンから登録します。

 

※ エラーが発生する場合は「エラーが起きた行のみを表示する」を選択します。そうすると該当のエラー項目が赤く光りますので、その項目を修正後、再度インポートします。

 

インポートした勘定科目・補助科目を確認する

インポートした勘定科目は、[設定]→[勘定科目の設定]から確認します。補助科目は、[設定]→[取引先の設定]・[品目の設定]からそれぞれ確認します。