仕訳帳を確認する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

仕訳帳とは、freeeに登録した会計データが仕訳(複式簿記)形式で転記された帳簿です。仕訳形式で帳簿を確認したい場合や、税理士の方にデータを共有したい場合などにご利用いただけます。

freeeでは、日々の取引入力によって自動で仕訳帳が作成されます。

 

目次

 

仕訳帳の活用アイディア

  • 登録した取引を仕訳形式で確認したい
  • 「固定資産登録」、「在庫棚卸」、「家事按分」などの各機能からどのように仕訳が記帳されているか確認したい
  • 決算期が近づいてきたので記帳内容を税理士に共有したい

 

仕訳帳を確認する

仕訳帳は、[レポート]→[仕訳帳]をクリックすることで確認できます。

仕訳帳の詳しい見方は次の通りです。


① 絞り込み欄
各条件を指定して、表示する仕訳を絞り込むことができます。
※ 表示対象期間(開始日と終了日)は現在の会計期間が標準で設定されています。
※ 入力した方法を指定することで、例えば「請求書」を登録した時にどのように記帳されたのかを確認できます。

② インポート(入力)・エクスポート(出力)

「各社csvエクスポート」から、仕訳帳を様々な形式で出力できます。各会計ソフト、CSV、PDF形式に対応しています。すでに出力したものは[出力した帳票一覧]ボタンから確認できます。なお、仕訳を絞り込んだ状態でエクスポートすると、当該の仕訳だけをエクスポートすることができます。

「弥生会計仕訳インポート」などのインポートの項目をクリックすると、「振替伝票」のインポートページへ遷移します。

③ 取引日
表示順を昇順か降順かで選択できます。

④ 区分
入力した方法に応じて区分を表示します。絞り込み欄の「入力した方法」に対応しています。

⑤ 摘要
取引先・品目・メモタグ・部門・備考・(明細に表示されていた)取引内容の表示・非表示を切り替えられます。

⑥ 仕訳
各行または編集ボタン(ペンマーク)をクリックすると仕訳の詳細を表示し、そのまま内容を編集できます。この際、入力した方法に合わせて表示内容が変わります。(例えば、取引の仕訳の場合は取引の詳細を表示します)

⑦ 勘定科目
勘定科目名をクリックすると、その勘定科目で絞り込んだ総勘定元帳を確認できます。

 

仕訳帳を各形式で出力する(エクスポート)

[インポート・エクスポート]ボタンをクリックして、「各社csvエクスポート」を選択すると、freeeの仕訳を以下の形式で出力できます。

  • 各種会計ソフトの形式:弥生会計、財務応援R4、財務応援、JDL、ミロク、TKC
  • 各種ファイル形式:CSV、PDF

各種会計ソフトの形式で出力する際は、出力設定の入力が求められることがあります。その場合は、画面の指示に従い適切な項目を入力してから出力します。

各形式での出力方法についての詳細は、以下のリンク先をご参照ください。