会計王から仕訳データを移行する

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeでは、会計王の仕訳データを取り込むことができます。なお、データの移行にあたっては、同期の有無にかかわらず口座の作成が必要です。

 

目次

  1. 会計王から乗換可能なデータ
  2. 取り込む仕訳データを準備する
  3. 仕訳データをfreeeへ取り込む
  4. 取込結果を確認する
  5. サポートデスクまでご相談ください

 

会計王から乗換可能なデータ

以下のデータを移行することができます。

  • 仕訳データ(このページで解説しております)

 

取り込む仕訳データを準備する

1.会計王を開き、[帳簿]タブから「仕訳日記帳」を開きます。


2.仕訳日記帳で「Excel」ボタンをクリックします。

※ 選択しているシートの仕訳が出力されます。年間累計の仕訳を移行する際には、「全表示」を選択した上で行います。

3.「Excel出力」ウィンドウで次の画像の通り設定し、「実行」ボタンをクリック、txtファイルを出力します。

 

仕訳データをfreeeへ取り込む

1.[設定]→[乗り換え設定]をクリックします。

 

2.乗り換え元の会計ソフトとして会計王を選択します。

※ この時「freeeでの記帳開始日を設定する」にチェックをすると、指定した日付より前の明細を取り込まなくなります。(明細を「無視」する手間が省けます)


3.「③ 仕訳データをインポート」を開くと、仕訳データのインポート画面が表示されます。

 

4.灰色の部分をクリックし、先ほどダウンロードした会計王のデータを選択します。


5.乗り換え元ソフトの勘定科目・補助科目・税区分を、freeeで利用できるように設定します。

設定は、それぞれ以下のタブで行います。

勘定科目タブ

freeeに登録されていない勘定科目が表示されますので、プルダウンで勘定科目のカテゴリー・表示名(決算書)を選択します。


補助科目タブ ※補助科目をご利用の場合のみ

freeeでは、補助科目を「口座」「取引先」「品目」に置き換えて管理しますので、プルダウンで置き換える項目を選択します。
(「取引先」は事業上の取引を行った相手、「品目」はどのような商品・サービスかを記録するために使用します。)

 

税区分タブ ※税区分をご利用の方のみ

freeeの税区分と一致しないものが表示されますので、プルダウンより置き換える税区分を選択します。

 

6.[登録する]をクリックすると、freeeへのインポートが始まります。

 

取込結果を確認する

インポートしたファイルは、[決算](または[確定申告])→[振替伝票]→[仕訳データをインポートする]→[インポート履歴]タブからご確認いただけます。

 

[登録された振替伝票]をクリックすると、今回登録したデータをご確認いただけます。

 

サポートデスクまでご相談ください

エラーメッセージが出て登録ができないなど、何かお困りの場合はfreeeサポートデスクにご相談ください。

会計王のデータ登録のサポートを行っております。