乗り換え結果を確認する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeへの乗り換え作業が完了したら、移行前のデータと一致しているかしっかり確認しましょう。

 

目次

  1. 各勘定を確認する
  2. タグ別(取引先/品目/部門)に確認する
  3. 消費税の集計を確認する(消費税の課税事業者の場合)

 

各勘定を確認する

まず、移行したデータの各勘定の合計から確認します。[レポート]の[試算表:貸借対照表]及び[試算表:損益計算]をお持ちの試算表と照合してチェックします。

 

特に、貸借対照表では各勘定の末残高、損益計算では年間累計値を確認します。なお、「月次推移」からは、月次の試算表もご確認いただけます。 

 

freeeでは、減価償却と在庫棚卸、家事按分(個人事業のみ)の仕訳については[決算](または[確定申告])メニューの入力内容から自動で計上します。このため、乗り換えの仕訳があると重複する恐れがあります。下表に挙げるfreeeの仕様については特にご留意ください。

項目仕様
減価償却 「固定資産台帳」に登録した内容から、期末に減価償却費を計上する。
(借)減価償却費 XXX  (貸)資産勘定 XXX
※ 法人事業所の場合、減価償却の方式を間接法とすることもできます。
(借)減価償却費 XXX (貸)減価償却累計額 XXX
在庫棚卸 ■ 期末:「在庫棚卸」に登録した数字が期末在庫となる。
(借)商品 XXX  (貸)期末在庫棚卸高 XXX
 翌年期首に戻しが入る
(借)期首在庫棚卸高 XXX  (貸)商品 XXX 
■ 月次:「在庫棚卸」に登録した内容が期末在庫となる。
(借)商品 XXX  (貸)期末在庫棚卸高 XXX
 翌月月初に逆仕訳が入る
(借)期末在庫棚卸高 XXX  (貸)商品 XXX 
※ 製造業の場合は、材料、仕掛品、半製品、製品もご入力いただけます。
家事按分 「家事按分」に登録した内容に基づき事業主貸に振替える。
(借)事業主貸 XXX (貸)費用勘定 XXX

 

タグ別(取引先/品目/部門)に確認する

試算表では、次の通り絞り込みをかけることができます。

  • [試算表:貸借対照表] … 取引先、品目
  • [試算表:損益計算] … 取引先、品目、部門

主要取引先別の売上、売掛金や買掛金、部門別の損益等もあわせて確認しておきましょう。

 

 

消費税の集計を確認する(消費税の課税事業者の場合)

消費税の集計も正しく移行されているか確認しましょう。freeeでは、[決算](または[確定申告])→[消費税区分別表]から、消費税の税区分別集計情報を確認いただけます。

 

また、乗り換え前の仕訳が税抜経理であった場合、freee側も税抜経理と設定されているか[設定]→[事業所の設定]から確認します。(ヘルプページ