【iOS】勤怠を入力・確認する

Print Friendly and PDFページを印刷

従業員向けのモバイルアプリ「freee for チーム」では、勤怠入力や給与明細の確認など、従業員の方が行う必要のある業務をモバイルから簡単に行うことができます。

ここでは、freee for チームで自分の勤怠を入力したり、過去に入力した勤怠を確認する方法についてご紹介します。

 

カレンダーから勤怠を入力・確認する

1. ホーム画面の[未登録の勤怠を入力しましょう]ボタンか、画面下部の[勤怠]メニューをタップして、勤怠のカレンダーを表示します。


2. 勤怠を入力したい日付をタップします。

※ すでに勤怠を入力済みの日付には色がついています。その月の給与明細が確定される前であれば、入力済みの日付をタップして勤怠を修正することもできます。


3.以下の要領で勤怠を入力して、画面右上の[保存]をタップします。

IMG_9629.PNG

  • 出勤した場合:
    「開始時間」をタップ後、実際の勤務開始時刻を入力します。

  • 遅刻した場合:
    まず「開始時間」をタップ後、遅れて出勤した際の開始時刻を入力します。
    続いて「遅刻」をタップし、所定の勤務時間と実際の出勤時間との差分にあたる時間を入力します。

  • 勤務中に休憩時間がある場合:
    「休憩1」をタップ後、実際の休憩時間を入力します。
    複数回の休憩をとった場合「休憩を追加」をタップすると、休憩時間を複数入力できます。

    また「休憩◯」文字の左側にある赤い削除マークをタップすると、休憩を含めない入力も可能です。

  • 勤務中に早退した場合:
    「終了時間」をタップ後、実際の退勤時間を入力します。
    続いて「早退」をタップし、所定の勤務時間と実際の退勤時間との差分にあたる時間を入力します。

  • 欠勤した場合:
    「出勤」欄をタップ後「欠勤」へ切り替えます。

  • メモ欄(任意入力):
    管理者宛のメモを記入することができます。
    例えば、遅刻早退や欠勤の理由などを管理者に共有できます。

4.入力が完了すると、カレンダー上のその日付に色が付き、画面下部の労働時間も加算されます。

それぞれの色は、以下の意味を示しています。

  • 薄いブルー:通常勤務日
  • 濃いブルー:所定休日
  • オレンジ:法定休日
  • グレー:欠勤日

画面下部の数値は、その月の労働時間の長さを示しており、必ずしもカレンダー上の色とは対応していません。(法定内・時間外などの意味についてはこちらをご覧ください)



今日の勤怠を入力する

ホーム画面の[今日の勤怠を入力しましょう]をタップすると、カレンダーを経由せずに今日の勤怠入力画面を直接開くことができます。
  IMG_9629.PNG