仕訳を一意の番号で管理する(仕訳番号)

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

会計freeeでは、全ての仕訳に一意の番号(仕訳番号)を自動で振ることができます。

この番号は、特定の仕訳について共同作業者と連絡をとりあう時や、証憑(領収書や請求書など)と仕訳を照合したい時に役立てることができます。

 

目次



仕訳番号の利用を開始する

仕訳番号は、[設定]→[事業所の設定]→「詳細設定」タブの「仕訳番号形式」欄より、表示/非表示を切り替えることができます。


仕訳番号形式を「数字」または「英数字」に設定することで、自動で全ての仕訳に対して一意の番号が振られ、確認できるようになります。

各形式はそれぞれ以下の特徴がありますので、自分が管理しやすい形式を選択します。

なお、どちらを選んだ場合も連番となります。

仕訳番号形式 数字 英数字
特徴 仕訳の発生日と順番が分かりやすい 金額など他の数値と混同しにくい

2017年09月18日の
10番目の仕訳
7091810  79J0A 
仕様

以下の要素を並べた番号

  • 年の下1ケタ
  • 2ケタ表記の月
  • 2ケタ表記の日
  • 2ケタ表記の日毎の連番

以下の要素を34進数で記述して並べた番号

  • 年の下1ケタ
  • 1ケタ表記の月
  • 1ケタ表記の日
  • 2ケタ表記の日毎の連番
備考 日毎の連番は2ケタまでは[XX]で表記されますが、3ケタになった場合は、[_XXX]で表記されます。

ここでの34進数は、「0〜9の数字」と「I(アイ)とO(オー)を除いたアルファベット24字」による34進数となっています。

そのため、仕訳によっては番号のみで振られる場合があります。



仕訳番号を確認する

仕訳帳

① Web:「取引日」の列に表示されます。

また、仕訳番号を指定して表示する仕訳を絞り込むこともできます。
※ 仕訳番号が絞りこみ条件と完全一致した仕訳が表示されます。


② PDF:「取引日」の列の下段に出力されます。


③ CSV:一番右側に「仕訳番号」という列が追加され、そこに出力されます。

※ 仕訳番号が出力されるのは、汎用形式のCSV/PDFに限り、他社ソフトの形式のCSVでは出力されません。仕訳帳の汎用形式の出力方法についてはこちらをご覧ください。

 

総勘定元帳

① Web:各勘定科目の内訳の、摘要の列に表示されます。



② PDF:出力時に仕訳番号を出力するかどうか選べるようになります。出力した場合は、摘要の列に表示されます。



③ CSV:5列目に「仕訳番号」という列が追加され、そこに出力されます。

 

ファイルボックス

取引登録済ファイルの詳細画面で表示されます。

 

取引の一覧

仕訳番号を指定して表示する取引を絞り込むことができます。
※ 仕訳番号が絞りこみ条件と完全一致した仕訳を含む取引が表示されます。

 


参考:仕訳が修正・削除された場合の番号について

仕訳番号は、当該取引や仕訳を修正しても変化しません。

また、明細・請求書・経費精算から登録された取引を削除し、再度同じ明細・請求書・経費精算から取引を登録すると、その取引の仕訳には削除前と同じ番号が付与されます。