複数の見積書・納品書から合算請求書を作成する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

作成済みの複数の見積書・納品書の内容を元に、合算請求書を発行できます。

※ 既に請求書と紐付いている見積書・納品書は、合算請求の対象となりません

 

目次

 

合算請求書の作成手順 

複数の見積書から合算請求する場合を例にとり、ご説明します。(手順は複数の納品書から合算請求書をつくる場合も同様です)

1. (事前準備)予め、複数の見積書・納品書が同一の取引先へ発行された状態としておきます。(見積書・納品書の作成方法についてはこちら

 

2.[取引]→[見積書]/[納品書]を開き、取引先が同じ見積書・納品書にチェックを入れて「チェックした見積書(納品書)から請求書を作成」ボタンをクリックします。

 

3. 元の見積書・納品書の詳細行をそれぞれ転記した合算請求書が作成されるので、通常の請求書作成時と同じ手順で請求書を発行します。 (請求書の作成方法についてはこちら

※ 作成された請求書の詳細行が1ページを超えた場合、「別紙参照」と表記され別紙に詳細行が出力されます(請求書には別紙の小計と合計金額が記載されます)