【法人】預貯金等の内訳書 を作成する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

「預貯金等の内訳書」は、法人税の確定申告で必要となる勘定科目内訳明細書のひとつです。現金・預金の種類・口座番号・期末残高等を記載します。

※ 勘定科目内訳明細書の全般的なヘルプページはこちら

 

目次

  1. 預貯金等の内訳書とは
  2. 預貯金等の内訳書を作成する

 

預貯金等の内訳書とは

「預貯金等の内訳書」は、法人税の確定申告で必要となる勘定科目内訳明細書のひとつです。記載される内容は、次の表のとおりです。

項目内容
金融機関名 銀行等の金融機関の名称、及び支店等の名称を記載します。
(例:そよかぜ銀行 / 品川支店)
種類 普通預金 / 当座預金など、預金の種類を記入します。
口座番号 口座番号を記入します。現金の場合は、空欄とします。
期末現在高 期末時点での残高を記入します。預金の場合、インターネットバンキングや通帳、銀行の残高証明書などから確認できます。
摘要 名義人が法人ではない場合は、名義人を記載します(例:名義人 山田太郎)。また、外貨の場合に外貨ベースでの金額を記載します(例:1,600 USD)。

 

預貯金等の内訳書を作成する

[決算]→[勘定科目内訳明細書の作成]にて、該当する年度の[勘定科目内訳明細書を作成]ボタンをクリックします。

預貯金等の内訳書について、「出力する」を選択したのち、その行をクリックして編集画面を表示します。

 

[B/Sから コピー]ボタンをクリックすると、期末時点での預金口座の残高が転記されます。この時点ですべての情報が記入されるわけではありません。

項目内容
金融機関名 口座名が入力されます。
期末現在高 期末時点での預金口座の残高が転記されます。

 

金融機関名・支店名・種類・口座番号等の情報を修正し、[保存する]をクリックすると作成は完了です。特に、各勘定の合計が試算表の貸借対照表と一致しているかという点に注意します。

 

作成した勘定科目内訳明細書の出力については、こちらのページをご確認ください。

 


経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード