【法人】買掛金(未払金・未払費用)の内訳書 を作成する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

「買掛金(未払金・未払費用)の内訳書」は、法人税の確定申告で必要となる勘定科目内訳明細書のひとつです。買掛金・未払金・未払費用の相手先別の期末残高等を記載します。

※ 勘定科目内訳明細書の全般的なヘルプページはこちら

目次

  1. 買掛金(未払金・未払費用)の内訳書とは
  2. 買掛金(未払金・未払費用)の内訳書を作成する

 

買掛金(未払金・未払費用)の内訳書とは

「買掛金(未払金・未払費用)の内訳書」は、法人税の確定申告で必要となる勘定科目内訳明細書のひとつです。記載される内容は、次の表のとおりです。

項目内容
科目 買掛金、未払金、未払費用のいずれかの勘定科目を記入します。
相手先 名称(氏名) 取引先の名称(法人名・屋号等)を記入します。未払給与の場合、「従業員」と記入します
(例:フリー㈱)
所在地(住所) 取引先の所在地を記入します。
(例:東京都品川区西五反田X-X-X フリービル 27F)
期末現在高 期末時点での残高を記入します。
摘要

未収入金の場合、取引内容を記載します。

未払配当金

期末に残高がある場合に記入します。

未払役員賞与  期末に残高がある場合に記入します。
(使用人兼務役員に対する使用人職務分は除く)

※ なお、50万円未満の相手先別期末残高については、次のように対応します。

  • (50万円以上のものが5口未満のとき)
    多額なものを5口程度記載し、その他を一括して記載
  • (50万円以上のものが5口以上のとき)
    50万円以上のものを個別に記載し、50万円未満の相手先別期末残高はその他として一括して記載

 

売掛金(未収入金)の内訳書を作成する

[決算]→[勘定科目内訳明細書の作成]にて、該当する年度の[勘定科目内訳明細書を作成]ボタンをクリックします。

買掛金(未払金・未払費用)の内訳書について、「出力する」を選択したのち、その行をクリックして編集画面を表示します。

 

[B/Sから コピー]ボタンをクリックすると、期末時点での「買掛金」「未払金」「未払費用」の残高が転記されます。この時点ですべての情報が記入されるわけではありません。
※ クレジットカード口座の未払金は転記されないので、手動で入力する必要があります。

項目内容
科目 買掛金/未払金/未払費用の別が入力されます。
名称(氏名) 取引先名が入力されます。取引先が空欄の項目については、合計額で「その他(未分類)」という名称で記入されます。
期末現在高 期末時点での当該取引先へ認識している残高が転記されます。

 

 不足する住所や摘要の情報を入力し、[保存する]をクリックすると作成は完了です。特に、各勘定の合計が試算表の貸借対照表と一致しているかという点に注意します。

 

作成した勘定科目内訳明細書の出力については、こちらのページをご確認ください。

 


経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード