費用の配賦(部門への割り当て)を行う

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード   ✓ プレミアム  

自社の部門(店舗や部署など)が増えてきた場合、各部門の損益をしっかり把握・管理したいというニーズも増してきます。

そのような場合、部門共通の費用を適切に振り分けることが必要です。これを配賦(はいふ)と呼びます。

ここでは、会計freeeで配賦を行う方法についてご紹介します。

 

目次

 

配賦について

配賦を利用するケースとしては、主に以下のようなものが挙げられます。 

  • 複数の部署に関係する業務を行う部署がある企業
      • 事業部が5つあり、それぞれの事業で作る物をまとめて引き受ける制作部がある。そのため、制作部の人件費等のコストを事業部5つで分け合って、各事業部のコストとしたい。
      • 事務所の水道光熱費や通信費を、売上比率に応じて各部署に振り分けたい。

  • 多店舗・チェーン展開している企業
    • 展開している3店舗に加え、本社に経理や人事などの間接部門があり費用が発生している。本社では売上は計上されないため、本社の経費を売上比率に応じて各店舗に配賦し、本社費用も考慮しても各店舗で利益を出せているかを把握したい。

なお、配賦は税申告のために行う処理(財務会計)ではなく経営の管理のために行う処理(管理会計)ですので、配賦の仕訳は決算書には影響しません。



部門を登録する

配賦は「部門」を基準に行いますので、まず部門を登録します。

[設定]→[部門の設定]を開き、自社の部門を登録しましょう。(詳しくはこちら

ビジネスプラン・プレミアムプランをご利用の方は、部門に階層をつけることもできます。(詳しくはこちら



配賦の設定を行う

配賦の設定は、配賦の基準(配賦先の部門と配賦率)ルール(配賦対象となる仕訳)をそれぞれ設定します。

配賦先部門と配賦率を設定する(配賦基準)

1.[設定]→[配賦基準の設定]を開き、[配賦基準を登録]をクリックします。


2.「配賦基準名」を入力したら、[配賦先部門を追加する]ボタンをクリックして、配賦先の部門と配賦率を設定していきます。
配賦先部門は20部門まで指定できます。また、配賦率は合計で100%とします。

 

配賦の対象となる仕訳を設定する(配賦ルール)

1.[設定]→[配賦ルール設定]を開き、[新しい配賦ルールを追加]をクリックします。


2.配賦する仕訳(取引・振替伝票)を指定します。
ここで指定した勘定科目・品目(任意)・部門が付与されている仕訳が、配賦の対象となります。



配賦仕訳を作成する

配賦の設定を行なったら、対象となる仕訳を登録し、配賦を行います。

1.配賦したい仕訳を、配賦ルールで設定した勘定科目・品目・部門の組み合わせで登録していきます。


2.配賦したい仕訳を登録し終えたら、[決算](または[確定申告])→[配賦仕訳の作成]を開きます。

3.配賦を行いたい月にチェックを入れて、[計算する]ボタンをクリックします。
(一番上のチェックボックスにチェックを入れると、当年度の全ての月を選択できます。)


4.配賦対象の仕訳がある月の表示が「計算済み」に変わり、配賦仕訳が作成されます。


5.「対象」列の月をクリックすると、その月に登録された配賦仕訳を確認できます。

配賦で作成された仕訳(配賦仕訳)は、仕訳帳の画面で表示されます。
※配賦仕訳は、[レポート]→[仕訳帳]メニューの絞り込み条件欄で「配賦仕訳のみ」と指定することで表示可能です。
※配賦の際、端数は「最も配賦率の高い部門」または「先に作成された部門」に配賦されています。


6.配賦を実行した後、その月に仕訳を追加・修正した場合は、上記1〜3の手順で再度[計算する]ボタンをクリックすることで、最新の仕訳を反映して配賦が実行されます。




参考:部門比較を行う

試算表の損益計算書で、部門ごとの損益を比較することができます。この時表示される内容には、配賦仕訳の内容が適用されています。

部門比較の詳細はこちらのヘルプページをご参照ください。