nanaco (ナナコ) - 利用履歴を取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeは、電子マネー「nanaco」と同期をすることができます。

同期をすることで、nanacoの利用履歴(支払・チャージ・ポイント取得)を自動で取り込むことができ、その内容に基づいて自動で記帳することもできます。

  

目次

 

nanacoとは

nanacoは、セブン&アイグループのセブン・カードサービス社により発行されている電子マネーです。

nanacoに現金をチャージすることで、小銭いらずで買い物ができる他、利用額に応じてポイントもたまります。

詳しくは、nanacoの公式サイトをご覧ください。 

  

同期の設定を行う

  1. まずは、お手持ちのnanacoをfreeeに登録すべきかどうかを判断します。私的な利用が多い場合は、登録しないことをおすすめします。(詳細)
  2. [口座]メニューの[口座を登録]を開きます。 
  3. 検索欄で「nanaco」等と検索します。
  4. カード型のnanacoのみをご利用の方は「nanaco(カード)」を、モバイルアプリやnanacoネットをご利用の方は「nanaco(モバイル)」をクリックし、口座として登録します。
  5. カードを選んだ場合は「nanaco番号とカード記載の番号」を、モバイルを選んだ場合は「nanaco番号と会員メニュー用パスワード」をログイン情報として入力し、[同期する]ボタンをクリックします。
  6. nanaco口座の同期が成功したら、同期設定は完了です。(失敗した場合は、入力したログイン情報や、口座の種別に間違いが無いかを再度ご確認ください)

SS_2017-09-06_15_15_25.png

SS_2017-09-06_15_15_54.png  

取得した明細を帳簿付けする

nanacoと同期すると、「支払」「チャージ」「ポイント取得」のいずれかの明細が取得されます。

取得した明細の内容に応じて、以下のように取引・口座振替を登録しましょう。

内容 区分 登録するもの 備考
事業に関する支払 出金 購入したものが該当する勘定科目の支出取引 例えば、オフィスで使う文具を買ったなら「消耗品費」、店で提供する料理の材料を買ったなら「仕入高」とします。
個人的な支払 出金

個人事業主は「事業主貸」、法人は「役員貸付金」の勘定科目の支出取引

freeeに登録したnanacoは事業専用のものとして扱うことで経理処理がスムーズになります。

「freeeに登録する場合は私的な支払には利用しない」または「私的な利用が多いnanacoはfreeeには登録しない」ことをおすすめします。

チャージ 入金

「現金→nanaco」の口座振替

または

「クレジットカード→nanaco」の口座振替(※)

(※)
同期しているクレジットカードでチャージした場合、nanacoの入金明細と、クレジットカードの出金明細の両方が取り込まれます。
この場合、両方を「カード→nanaco」の口座振替として登録すると重複するため、どちらかを「無視」する必要があります。

ポイント取得 入金 勘定科目「雑収入」の収入取引

明細から取引を登録する際に「自動化」にチェックを入れると、次回以降は自動で取引が登録されます。