取引・口座振替のインポート(一括登録)

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeには、お手元のデータを取り込む方法が3種類あります。

  1. 明細のアップロード:銀行明細のデータファイルを取り込み、「自動で経理」へ
  2. 仕訳インポート:他社製品やExcelで管理したデータを取り込み、「振替伝票」として登録
  3. 取引・口座振替のインポート:freee形式のファイルを準備し、「取引」「口座振替」として登録

ここでは、取引・口座振替のインポートについてご案内します。

※ freee指定のフォーマットは本ページ下部に添付してあります。

※ freeeの「エクセルインポート」機能を利用すれば、ExcelファイルをCSVに変換することなくfreeeにデータを取り込むことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

目次

 

取引インポートのメリット

freeeでは複数の記帳方法がありますが、その中でも取引インポートは、同期できない取引が大量にある方や、定期的に同様の取引がある方におすすめの方法です。

freeeへインポートするためには、お手元で所定の形式の取引データを作成していただく必要があります。

 

取引データファイルを作成する

①取引データのファイルを作成する
「取引」は、freeeでの収入や支出の帳簿付けを指します。

本ページ下部に添付されているファイル、もしくは取引インポートのページから、取引インポート用ファイルのサンプルをダウンロードして加工します。この時、1行目(ヘッダ)は削除しないようにご注意下さい。

※ ファイルサイズの上限は5MBとなります。

列項目 条件 備考
収支区分 必須

「収入」・「支出」のいずれかを入力します。
*収支区分を空白として上の行と日付を合わせると、複合仕訳としてインポートできます。

管理番号   管理用の番号です
発生日 必須 日付形式(YYYY/MM/DD)で入力します
支払期日    日付形式(YYYY/MM/DD)で入力します
 取引先   *取引先・品目・メモタグ・備考の詳細はこちら
*それぞれ、未登録のものを設定するとfreee上に新規作成されます
勘定科目  必須  
税区分 必須  
金額 必須 *常に税込金額で入力します(税計算区分が外税の場合も税込)
*合計金額がマイナス金額となる入力はできません
*複数行の取引の内訳行にはマイナス値を入力できます
税計算区分   *「内税」「外税」「税込」、または空欄とします。
*内税と税込は同じ扱いになります。外税では税額を指定できます。
税額   *税計算区分が「外税」で、税抜経理の場合にのみ使用します
*空欄としても、勘定科目と日付から自動で税額は計算されます
*常に正の値で入力します
備考   *取引先・品目・メモタグ・備考の詳細はこちら
*それぞれ、未登録のものを設定するとfreee上に新規作成されます
*メモタグはカンマ区切りで入力すると複数タグの反映が可能です
品目  
部門  

メモタグ

 
支払日 決済済み必須

日付形式(YYYY/MM/DD)で入力します
日付を入力し、支払日・支払口座・支払金額を空欄にすると、未決済取引として登録することができます

支払口座 決済済み必須 freeeに登録されている口座を入力します
支払金額 決済済み必須 マイナス金額の入力はできません

※ 取り込まれる取引はすべて新規の取引となります。既存の取引に決済だけを登録することはできません。


②口座振替のファイルを作成する

口座振替は、「A銀行からB銀行へ」など、資金を移動した際の記帳です。

本ページ下部に添付されているファイル、もしくは取引インポートのページから、口座振替インポート用ファイルのサンプルをダウンロードして加工します。この時、1行目(ヘッダ)は削除しないようにご注意下さい。

※ ファイルサイズの上限は5MBとなります。

列項目 条件 備考
振替日 必須 日付形式(YYYY/MM/DD)で入力します
振替元
口座
必須 資金移動元の口座で、freeeに登録されている口座を入力します
振替先
口座
必須 資金移動先の口座で、freeeに登録されている口座を入力します
備考    
金額 必須 移動した資金の金額を入力します

 

取引データファイルをインポートする(取り込む)

1.[取引]→[取引の登録]にて、右上の[その他の機能]ボタンから「取引データのインポート」をクリックします。


2.[CSVファイルのアップロード]から、取引または口座振替のファイルをアップロードします。


3. アップロードが完了すると、ステップ3にプレビュー(確認画面)がでます。問題がなければ[登録する]をクリックします。


4. インポートが完了すると、履歴を確認する画面に遷移します。[登録された取引]のボタンから、インポートしたデータを確認することができます。

 


参考:取引先・品目・部門・メモ・備考タグの上限について

各項目には文字数に上限がありますのでご注意下さい。2015年3月現在の文字数の上限は、次の通りです。なお、上限文字数は変更になる可能性があります。

  • 取引先: 255文字
  • 品目: 255文字
  • 勘定科目: 255文字
  • メモタグ: 30文字
  • 部門: 30文字

 


取引インポート用ファイルのサンプル

取引および口座振替のインポート用ファイルのサンプルはこちらです。

ご利用の表計算ソフトの名前が入ったファイルをダウンロードして加工します。

サンプルファイルを加工する際、1行目(ヘッダ)は削除しないようにご注意下さい。