「取引を登録」について教えてください

Print Friendly and PDFページを印刷

現金口座で決済する取引など、入出金明細がなく「自動で経理」を用いることができない場合は、[取引]→[取引を登録]から手動で取引登録を行います。

なお、勘定を複数行入力する場合や、税区分を指定する場合は「詳細登録」を用います。

 

目次

  1. 決済済み取引の登録
  2. 決済が未完了の取引の登録
  3. TIPS:取引登録の様々な方法

 

決済済み取引の登録

決済ステータスを「完了」として登録し、選択した口座の残高を増減させます。

決済済み取引は、入力した勘定科目と、選択した口座で仕訳が起こります。

 

勘定を複数行入力する場合や、税区分を指定する場合は「詳細登録」から登録します。


 

決済が未完了の取引の登録

決済が未完了の取引を登録するときは、決済ステータスを「未決済」とし、期日も入力します。

未決済取引は、入力した勘定科目と、勘定に設定された相手勘定科目で仕訳が起こります。

勘定に設定された相手勘定科目は、[設定]→[勘定科目の設定]から確認できます。

 

「未決済」で認識した買掛金や売掛金などは、次の方法によって消し込みます。

  • 入出金明細取得後に「自動で経理」の「入出金予定とマッチ」から選択して消し込む
  • [取引]→[取引の一覧]から当該取引を選択し、画面右下の「決済を登録」ボタンから消し込む

 

 


TIPS:取引登録の様々な方法

口座の同期を用いない場合の取引登録には、次の方法もあります。件数が非常に多い場合などでは、「取引インポート」がオススメです。