手付金(前払金・前受金など)がある取引を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷

商品の納品や役務の提供が完了する前にその対価が支払われた場合には、売り手は「前受金」や「前受収益」として、買い手は「前払金」や「前渡金」として処理します。

これは、費用や収益を発生主義で計上するための処理となりますが、のちに適切なタイミングで収益や費用、資産勘定などに振替えることが必要です。

 

目次

  1. 前払い分を複数行取引の控除行で振替える場合
  2. 前払い分を「+更新」で振替える場合
  3. 前払い分を振替伝票で振替える場合

 

一度計上した「前受金」等の振替は、いくつかの方法で行うことができます。 次の例にそってご案内します。

例:

A. 30万円の備品を販売するときに前受金を受領した
・9/1に前受金として100,000円が三井住友銀行口座に振り込まれた。
・10/1に商品の納品が完了し、その際に残りの200,000を現金で受領した。

B. 200万円の営業車を取得するときに前渡金(前払金)を支払った
・9/10に手付金として200,000円をりそな銀行から支払った。
・10/10に残りの1,800,000円をりそな銀行から支払った。

※ 「前受金」等の勘定については、予め使用できるように設定しておきます。

 

前払い分を複数行取引の控除行で振替える場合

一部金額が前払いされるケースでは、こちらの処理が最もカンタンです。

A. 前受金の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/1の入金を「前受金」勘定で登録します。 

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

【仕訳】
(借)三井住友(法人) 100,000 (貸)前受金 100,000

 

2. 10/1の発生日で、「取引」→「取引を登録」から「詳細登録」機能を用いて複数行の取引を登録します。 控除項目の行は、[控除・マイナス行を追加]ボタンから追加できます。

【仕訳】
(借)前受金 100,000 (貸)売上高 300,000
(借)現 金 200,000 

なお、仕訳はレポートの「仕訳帳」から確認できます。 

 

B. 前渡金(前払金)の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/10の出金を「前渡金」勘定で登録します。 (個人事業主の事業所では、「前払金」勘定を用います)

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

【仕訳】
(借)前渡金 200,000 (貸)りそな(法人) 200,000 

 

2. 10/10の発生日で、「自動で経理」から複数行の取引を登録します。 控除項目の行は、[控除・マイナス行を追加]ボタンから追加できます。
※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

【仕訳】
(借)車両運搬具 2,00,000 (貸)りそな(法人) 1,800,000
                (貸)前渡金 200,000

なお、仕訳はレポートの「仕訳帳」から確認できます。 

 

前払い分を「+更新」で振替える場合

「+更新」(勘定の振替機能)についての詳細は、こちらからご確認ください。

A. 前受金の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/1の入金明細について「前受金」として登録します。 

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理いただいて差し支えありません。

【仕訳】
(借)三井住友(法人) 100,000 (貸)前受金 100,000

 

2. 「取引」→「取引の一覧」から上記取引を選択し、10/1の日付で「前受金」を「売上高」に更新します。

 【仕訳】
(借)前受金 100,000 (貸)売上高 100,000

 

3. 10/1の入金について、「取引を登録」から「売上高」として登録します。

 【仕訳】
(借)現 金 200,000 (貸)売上高 200,000

 

B. 前渡金(前払金)の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/10の出金を「前渡金」勘定で登録します。 (個人事業主の事業所では、「前払金」勘定を用います)

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

【仕訳】
(借)前渡金 200,000 (貸)りそな(法人) 200,000

 

2. 「取引」→「取引の一覧」から上記取引を選択し、10/10の日付で「前渡金」を「車両運搬具」に更新します。

 【仕訳】
(借)車両運搬具 200,000 (貸)前渡金 200,000 

 

3. 10/10の支払いについて、「自動で経理」から「車両運搬具」として登録します。

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

 【仕訳】
(借)車両運搬具 1,800,000 (貸)りそな(法人) 1,800,000

 

前払い分を振替伝票で振替える場合

A. 前受金の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/1の入金明細について「前受金」として登録します。 

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

 

2. [決算](または[確定申告])→[振替伝票]から「前受金」を「売上高」に振替える伝票を10/1を発生日として作成します。

 【仕訳】
(借)前受金 100,000 (貸)売上高 100,000

 

3. 10/1の入金について、「取引を登録」から「売上高」として登録します。

 【仕訳】
(借)現 金 200,000 (貸)売上高 200,000

 

B. 前渡金(前払金)の処理

1. 「自動で経理」に上がってくる、9/10の出金を「前渡金」勘定で登録します。 (個人事業主の事業所では、「前払金」勘定を用います)

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

【仕訳】
(借)前渡金 200,000 (貸)りそな(法人) 200,000

 

2. [決算](または[確定申告])→[振替伝票]から「前渡金」を「車両運搬具」に振替える伝票を10/10を発生日として作成します。

【仕訳】

(借)車両運搬具 200,000 (貸)前渡金 200,000 

 

3. 10/10の支払いについて、「自動で経理」から「車両運搬具」として登録します。

※ 口座を同期していない場合、「取引を登録」から処理します。

 【仕訳】
(借)車両運搬具 1,800,000 (貸)りそな(法人) 1,800,000