給与・役員報酬の支払いを記帳する

Print Friendly and PDFページを印刷

従業員の給与や役員報酬を支払う際は、ほとんどの場合、同時に交通費を支給したり、税金分や社会保険料を差し引いたりします。

ここでは、そのような給与・役員報酬を支払った場合の記帳方法をご紹介します。

 

20170802192806.png

freeeでは、給与の計算・支払い・記帳までを自動化する人事労務freeeを提供しています。

給与事務作業を効率化したい方は、こちらのご利用もご検討ください。

 

目次

  1. 給与の発生を記帳する
  2. 法定福利費を記帳する
  3. 参考:取引テンプレートを利用して記帳する

 

給与の発生を記帳する

記帳方法

給与の支出では、一回の支出に後述するような複数の取引が含まれています。このような場合は、こちらの方法で複数行の取引を登録します。

 

登録する取引の決済状況と日付

基本的に給与の支払は、支払い金額が確定する日(締日)と実際に支払う日(支払日)は別になります。

よって、給与支払いの取引を登録する際は、以下のように登録します。

  • 決済:未決済
  • 期日(決済期日):給与を支払う予定の日
  • 取引日(発生日):給与の金額が確定した日(締め日)

※ 締日と支払日が同日の場合は、決済済み取引として決済口座を選択して登録します。

 

登録する取引の内容

給与の支払に含まれる取引は、基本的に以下のとおりです。

  • 支出:給与、通勤手当 など
    → 詳細登録画面の[新しい行を追加]ボタンで追加した行に記入します。

  • 控除(マイナス分):源泉所得税、住民税、社会保険料 など
    → 詳細登録画面の[控除・マイナス行を追加]ボタンで追加した行に記入します。(金額欄に▲のついている行)

お手元の賃金台帳を確認しながら、正しい金額を入力して取引を登録します。

項目 勘定科目 控除 品目の例
給料・賞与 給料手当   基本給
役員の給料・賞与 役員報酬    
健康保険料(従業員負担分) 預り金 健康保険料(預り分)
厚生年金保険(従業員負担分) 預り金 厚生年金保険料(預り分)
雇用保険料(従業員負担分) 立替金 雇用保険料(預り分)
源泉所得税 預り金 源泉所得税
住民税 預り金 住民税
通勤手当 旅費交通費   通勤手当
その他の手当 給料手当   手当の名称

 

法定福利費を記帳する

法定福利費の計上・納付の取引は、会社負担分を「法定福利費」勘定の支出、従業員負担分を「預り金」勘定の支出として処理します。こちらも、複数行の取引を入力できる「詳細登録」機能を用いて登録します。(毎月の社会保険料納付の概要についてはこちら

※ 上記のような法定福利費の未決済取引を入力すると、従業員から預かった「預り金」勘定分が「未払金」に振り替わります。当該未払金は決済の登録によって消し込まれます。

項目 勘定科目 品目の例
健康保険料(会社負担分) 法定福利費 健康保険料(事業主負担分)
厚生年金保険料(会社負担分) 法定福利費 厚生年金保険料(事業主負担分)
健康保険料(従業員負担分) 預り金 健康保険料(預り分)
厚生年金保険料(従業員負担分) 預り金 厚生年金保険料(預り分)

 


参考:取引テンプレートを利用して記帳する

会計freeeには、決まった形の取引をひな型として登録できる機能があります。(取引テンプレート)

給与・役員報酬支払いの取引は、はじめからテンプレートが用意されていますので、そちらを利用することで記帳を効率化できます。

取引の登録画面で「取引テンプレート選択」をクリックし、「給与支払」または「役員報酬」と入力してテンプレートを呼び出します。




テンプレートを利用する際は、以下の2点に注意します。

  • 取引テンプレートでは、現金で給与を支払う方向けに、決済ステータスは「決済済み」・口座は「現金」に設定されています。
    →給与の締日と支払日が別の場合は、決済ステータスを未決済に変更します。

  • 取引テンプレートでは、健康保険料や厚生年金保険料などの行が「社会保険料」としてまとめられています。
    →会計上はこのままでも問題ありませんが、もしご自身の事業所では別の記帳方法を採用している場合は、それに合わせて内容を変更します。



なお、テンプレートの内容は、[設定]→[取引テンプレートの設定]メニューから変更できます。(詳しくはこちら