複数行の取引を登録する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeでは、差し引かれた金額の入出金、混ざった入出金がある場合など、複数行の仕訳となる取引も登録できます。

 

目次

  1. 「自動で経理」で複数行の取引を登録する
     - 消込を含まない複数行の取引を登録する場合
     - 未決済取引の消込をしつつ複数行の取引を登録する場合

  2. 「取引を登録」で複数行の取引を登録する

 

「自動で経理」で複数行の取引を登録する

消込を含まない複数行の取引を登録する場合

複数行の取引を登録したい場合は、「カンタン取引登録」タブの「複数行取引」にチェックを入れると、行を追加するボタンが表示されます。

具体的には、以下の手順で登録します。

1.[カンタン取引登録]タブの「複数行取引」にチェックを入れます。
 

2.[行を追加]ボタンをクリックして、取引の行を必要なだけ追加します。

取引金額から割引や手数料などを差し引きたい場合は、[控除・マイナス行を追加]ボタンをクリックして、マイナスの金額を入力する行を追加します。

  • [行を追加]で追加した行:金額は取引金額にプラスされる
  • [控除・マイナス行を追加]で追加した行:金額は取引金額からマイナスされる

3. 取引の合計金額と明細の金額が一致したら[登録]をクリックします。

 

未決済取引の消込をしつつ複数行の取引を登録する場合 

例:売上60万円及び自社側で立て替えた交通費10万円から、業務委託料3万円を差し引いた67万円が入金された

1. 「自動で経理」の画面で「未決済取引の消込」タブをクリックします。


2. 消し込む取引を選択するため、[未決済の取引から選択する]をクリックします。


3. 条件を指定して絞り込みながら消し込む取引を表示して、当該取引にチェックを入れて[決定]をクリックします。(部分決済する場合は「今回決済金額」を決済する金額に変更します)


4. 入出金に混ざった金額については、[行を追加](プラス金額の場合)と[控除・マイナス行を追加](マイナス金額の場合)というボタンから入力行を追加して入力します。

 

5. 入力金額が決済金額と一致した事を確認し、「登録」ボタンをクリックします。

 

6. レポートの「仕訳帳」では、売掛金・立替金の消し込み、外注費の計上がなされていることを確認できます。


 

「取引を登録」で複数行の取引を登録する

「取引を登録」から手動で取引を登録する場合は、「詳細登録」から登録します。

詳細登録の画面では、以下の作業も可能です。

  • 行・控除行を追加する(複数行の仕訳となる取引を入力できる)
  • 税区分を指定する
  • 管理番号を付与する
  • 取引テンプレートから取引登録する
    (取引テンプレートを用いると、自動的に詳細登録となります)
  • 消費税の端数を調整できる(※ 税抜経理の場合のみ)

例:従業員へ(締日:2015/11/30 支給日:2015/12/15)で支給した給与の内訳が下表の通りであった。

_X_N_______V___b_g_2014-01-13_13.49.15.png

1. [取引]→[取引を登録]を開き、[詳細登録]ボタンをクリックします。

 

2.[行を追加](プラス金額の場合)と[控除・マイナス行を追加](マイナス金額の場合)というボタンから入力行を追加して入力します。

入力金額が決済金額と一致したら[登録]ボタンをクリックします。


3. レポートの「仕訳帳」では、支出の控除項目とした預り金が貸方に負債計上されていることを確認できます。