Airレジ - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeとPOSレジアプリサービスのAirレジを連携すると、日々の売上情報の管理から入金までの経理処理をスムーズに行うことができます。

※ Airレジの連携は、Airレジ側システムがfreeeへログインしデータを作成するため、連携設定を行ってもfreeeに口座は作成されません

 

目次

  1. Airレジとの連携機能(取引の自動作成)の概要
  2. Airレジとfreeeの連携設定を行う
  3. Airレジから連携して作成された取引を確認する
  4. 銀行への入金を登録する
  5. 参考:AirレジとSquareの双方を利用している場合のfreeeとの連携について
  6. 参考:Airレジ連携の解除について

 

Airレジとの連携機能(取引の自動作成)の概要

Airレジにてfreeeとの連携設定を行うと、Airレジのデータを元にfreee内に自動で取引を作成します。毎日、Airレジで設定した「レジ締め」時間を過ぎると当日の売上等の取引が作成されます。取引は、クレジットカードや現金といった、支払手段別に行を分けて作成されます。

注意事項

freeeとAirレジを連携する際は、以下の点にご注意ください。

  • 同期設定以前の過去の売上データは取得できません。過去分は手動で登録するか、CSVファイルでAirレジの売上データのファイルを作成し、freeeにアップロードするなどして対応します。
  • ひとつの会計freeeの事業所に連携できるのは、1つのAirレジアカウントのみですが、1つのAirレジアカウントで複数店舗を管理している場合は、そのアカウントに紐づくすべての店舗の売上データが取り込まれます。
    (ただし、freee側で店舗ごとの売上データを区別する機能はございません)

 

Airレジとfreeeの連携設定を行う

1.[口座]→[口座を登録]を開き、検索窓に「air」等と入力して、「決済サービスや電子マネー」欄の「Airレジ」をクリックします。


2.[Airレジの認証ページヘ]をクリックします。


3.Airレジのログイン画面が開きますので、ご利用のAirIDを入力してログインします。


4.Airレジの画面が開きますので、ページ下部にあるfreeeのリンクをクリックします。


5.[AirIDでログイン]をクリックします。AirIDの入力を求められた場合は入力します。


6.画面左部にある、[Airレジと連携する]ボタンをクリックすれば、連携設定は完了です。

※ Airレジの連携は、Airレジ側のシステムがfreeeへログインしデータを作成する方式であるため、連携設定を行ってもfreee側に口座は作成されません

※事業所・送信しないデータの選択を求められた場合は、必要事項を入力して[変更]ボタンをクリックします。

※ なお、連携設定は設定画面の[オプション設定]→ [会計freee] から後から変更することができます。

 

Airレジから連携して作成された取引を確認する

Airレジの「レジ締め」後に、その日の売上データが支払手段別にfreeeへ取り込まれます。

項目 勘定科目 決済状況
売上(現金) 売上高 決済済み
売上(現金以外) 売上高 未決済
レジチェックでの現金過多 雑収入 決済済み
レジチェックでの現金不足 雑損 決済済み

作成された取引は[取引]→[取引の一覧]から確認する事ができます。Airレジから作成した取引には品目・備考が付されるので、「air」という文字列等で品目または備考で絞込み表示します。

 

取引をクリックすると、取引の詳細情報を確認する事ができ、内容の修正も行うことができます。

※取引登録者は、Airレジから連携設定した際のfreeeログインユーザーとなります。

 

銀行への入金を登録する

入金登録が必要な取引

Airレジに「クレジットカード・商品券による売上」として記録されたデータは、freeeに取り込まれると「未決済」の売上高取引として登録されます。(下図)

 

入金を登録する

入金の登録方法については、以下のヘルプページをご参照下さい。


※ 以下の手順でも消込を登録することができます。

  1. 以下の初期設定をします。
    1. [口座]メニューから[口座を登録]を開き、画面最下部の[その他の決済口座を登録]をクリックします。
    2. 任意の口座名を指定します。例えば、カード売上があるのであれば「カード売上(Airレジ)」、商品券であれば「商品券売上(Airレジ)」等の口座名とします。
    3. [設定]→[勘定科目の設定]を開き、決算書表示名を「売掛金」に変更します。(詳しい手順はこちら
  2. 入金時に、「1-2で作成した口座」から「銀行口座」への「口座振替」を登録します。(詳しい手順はこちら

 


参考:AirレジとSquareの双方を利用している場合のfreeeとの連携について

AirレジとSquare、それぞれをfreeeと連携している場合、取引データが両者からそれぞれ取り込まれ重複してしまいます。そのため、次いずれかの方法で重複しないように設定をしていただく必要があります。

  • Squareとfreee、Airレジとfreeeをそれぞれ連携させた上で、Airレジ側の設定「送信しないデータ」にてSquare売上データについて「非送信」に設定します。そうするとAirレジからfreeeへ、Squareのデータを送信しなくなりますので重複を防げます。

 

  • Squareとfreeeは連携せず、Squareで売り上げたデータも一括でAirレジのデータとして取り込むことで重複を防ぎます。

 


参考:Airレジ連携の解除について

Airレジ連携を解除するときは、Airマーケットのサービス管理画面で解除できます(詳しくはこちら)。

Airレジとfreeeを連携している場合、Airレジの情報はfreeeの取引データへ「品目」として付されます。そのため、freeeの[口座の一覧]の「その他連携サービス」には表示されず、[口座の一覧]からは連携を解除できないようになっています。