MakeShop(メイクショップ) - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

インターネットショップのMakeShop(GMO Internet Group)をfreeeと連携させて、売上の情報をfreeeに自動で取り込むことができます。なお、MakeShopにはいくつかプランがありますが、次の2つのプランがfreeeとの連携に対応しています。

  • ビジネスプラン+ギガプラス10オプション
  • プレミアムプラン

 

目次

 

連携前のご注意事項

既にGMOイプシロンとfreeeを連携しているお客様は、GMOイプシロンとMakeShopを同時に連携しないように注意してください。freeeにGMOイプシロンと、Makeshopの両方から取引が取り込まれてしまいます。

GMOイプシロンからMakeShopにて管理するように変更したい場合は、GMOイプシロンの同期設定を「同期なし」にしていただき、MakeShopで取り込んだ取引データと重複しているものを削除してください。

 

1.Makeshopと連携して売上高を自動登録する

1-1.[口座]→[口座の登録]を開きます。

1-2. 検索窓に「make」などと入力して検索して、「決済サービスや電子マネー」欄に表示される「Makeshop」をクリックし、[登録する]をクリックします。


1-3.同期の設定画面にてMakeShopのショップIDとパスワードを入力し、[Makeshopと同期する]をクリックします。


1-4.MakeShopの運営会社にfreeeとの連携の申請が送られます。承認されるとMakeshopの運営会社から承認メールが届きますので、ホーム画面左側の口座一覧の「Makeshop」をクリックして、[今すぐ同期]ボタンをクリックします。

1-5. ボタン部分に[タグのマッチングが必要です]と表示されたら、そのボタンをクリックします。(その先の画面では[設定する]をクリックします)


1-6. タグのマッチング画面では、Makeshopの取引区分をfreeeにおけるどの勘定科目として取り込むかを設定します。


1-7. タグのマッチングが完了すると、自動で同期が始まります。同期が完了すると、Makeshopの取引内容が取引としてfreeeに取り込まれます。
deal_Makeshop.PNG

作成された取引は、[取引]→[取引の一覧]にて、作成した方法で絞り込むことができます。
registration_method_Makeshop.png

 

2.Makeshopからの入金を登録する

Makeshopとの連携によって作成されるのは、「未決済」の売上高の取引です。つまり決済(入金)の登録が済んでいないということになります。

よって、Makeshopから銀行口座に売上高が振り込まれたら、売上高の取引に決済を登録することになります。

Makeshopからは、売上高から手数料を差し引いた金額が振り込まれますので、以下のリンク先に記載された方法で「決済の登録」と「手数料の支出登録」を行いましょう。