freeeに手動でアップロードする明細を用意する

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeに登録した銀行口座やクレジットカードが同期に対応していない方や、同期したくないという方は、用意した明細ファイルを手動でアップロードできます。(詳しくはこちら

ここでは、明細ファイルを用意する手順についてご紹介します。

 

目次

 

明細データをオンラインバンキングからダウンロードする

ご利用のオンラインバンキングサービスにログインし、ご利用明細を取得します。

【明細ダウンロード画面のイメージ】_X_N_______V___b_g_2014-02-02_18.01.59.png

なお、オンラインバンキングには、明細を照会・ダウンロードできる期限が指定されています。(期限は各銀行によって異なります)
そのため、明細を手動でfreeeに取り込む場合は、定期的に明細をダウンロードし、freeeにアップロードする必要があります。

【照会期限の例】
ジャパンネット銀行:照会日より5年間の取引明細を照会可能
みずほ銀行(法人):照会日より23営業日間の取引明細を照会可能

 

明細データを手動で作成する

お手元で管理しているデータがある場合、本ページ下部のテンプレートの形式でデータを作成いただくとfreeeに取り込むことができます。

銀行口座(テンプレートはこちら

項目 形式 備考
取引日 日付 例:2015/04/01、2015-04-01、平成26年4月1日
※ 年、月、日がそれぞれ別の列に入っている場合もインポートが可能です。
例:それぞれ「取引年」「取引月」「取引日」としてインポートします。
2014 4 1
出金額

半角整数

入出金のいずれかが必須となります。
なお、同じ列に入っていて、出金分はマイナスで表記されている形式でもインポートが可能となっています。
入金額 半角整数  
残高 半角整数 空白でも取り込み可能です。
※ 入力した残高は、ホーム画面の口座の実残高に反映されます。
取引内容 文字 利用内容・摘要の文字列です。「自動で経理」での自動化ルール適用の元情報となります。

 

クレジットカード(テンプレートはこちら

項目 形式 備考
取引日 日付 例:2015/04/01、2015-04-01、平成26年4月1日
※ 年、月、日がそれぞれ別の列に入っている場合もインポートが可能です。
例:それぞれ「取引年」「取引月」「取引日」としてインポートします。
2014 4 1
取引金額

半角整数

利用分(費用)は整数で入力します。返金等による入金はマイナス値とします。
取引内容 文字 利用内容・摘要の文字列です。「自動で経理」での自動化ルール適用の元情報となります。

 

現金(テンプレートはこちら

項目 形式 備考
取引日 日付 例:2015/04/01、2015-04-01、平成26年4月1日
※ 年、月、日がそれぞれ別の列に入っている場合もインポートが可能です。
例:それぞれ「取引年」「取引月」「取引日」としてインポートします。
2014 4 1
出金額

半角整数

入出金のいずれかが必須となります。
なお、同じ列に入っていて、出金分はマイナスで表記されている形式でもインポートが可能となっています。
入金額

半角整数

 
取引内容 文字 利用内容・摘要の文字列です。「自動で経理」での自動化ルール適用の元情報となります。

  

その他の留意点

  • データ1行目の見出しの部分は、任意の名称で問題ありません。明細アップロード時に、列ごとに項目を選択します。
  • 入金、出金が0円の明細は削除します。 

 

明細を1行ずつ作成する

明細は、銀行のデータを利用せず、手動で1つずつ作成することもできます。何らかの理由で必要な数字を修得できなかった場合は、明細を作成して対応します。

なお、別途「自動で経理」での後処理が必要となるため、取引を直接登録する方が早い場合があります。取引の登録はこちら

1. [口座]→[明細の一覧]の、明細一覧表の上にある [新規作成]ボタンをクリックします。
SS_2017-04-06_11_52_53.png

2. 作成したい明細情報を入力して [登録] をクリックします。

  

Excelから明細を直接アップロードする

指定のExcelブック(こちらよりダウンロードできます)に入出金明細を記入し、Excelからfreeeの任意の口座へ明細をアップロードできます。
WTExcel2freee.PNG

※ Excelマクロを用いて、freee API経由で認証し明細データを作成します。
※ 直接明細を作成するため、明細のアップロード履歴には表示されませんのでご注意ください。
※ 現在、Windows環境のみ対応

 


トラブルシューティング:明細を手動で作成できない

自動登録ルールの設定を設定されている場合、ルールに合致する明細は手動作成に失敗する場合があります。その場合は「取引を登録」から取引を直に登録するか、「明細アップロード」機能を使って明細作成を行います。

 


明細ファイル テンプレート

用意したい明細のうち、ご利用の表計算ソフト名が入っているファイルをダウンロードして加工します。