弥生会計から仕訳データを移行する

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeでは、弥生会計の仕訳データを取り込むことができます。

なお、データの移行にあたっては、同期の有無にかかわらず口座の作成が必要です。

 

目次

  1. 弥生会計から乗換可能なデータ
  2. 取り込む仕訳データを準備する
  3. 仕訳データをfreeeへ取り込む
  4. 取込結果を確認する
  5. トラブルシューティング
  6. 参考:振替伝票(仕訳形式)の登録について
  7. 参考:弥生会計形式でのエクスポート

 

弥生会計から乗換可能なデータ

以下のデータを移行することができます。

 

取り込む仕訳データを準備する

弥生会計を開き、帳簿・伝票から、仕訳日記帳を開きます。その状態で、[ファイル]→[エクスポート]をクリックします。(予め、出力したい期間を選択しておきます。)


ポップアップウィンドウで、書式を「汎用形式」、ファイル形式を「カンマ区切り(CSV)形式」とします。


このとき、拡張子(最後の3文字)がtxtとなっている場合は、csvにしておきます。

 

仕訳データをfreeeへ取り込む

freeeで[決算](または[確定申告])→[振替伝票]にて、右上の[インポート]ボタンから[弥生会計仕訳インポート]をクリックします。


表示されている1-4のステップにあわせて作業を進めていきます。

 

灰色の部分をクリックし、先ほどダウンロードした弥生会計のデータを選択します。

 

弥生会計でfreeeにない勘定科目などを利用されていた場合、freeeに新規でデータを作成しますので設定を行います。プルダウンで勘定科目のカテゴリー、及び、表示名(決算書)を選択します。


また、弥生会計で補助科目をご利用されていた方は、設定している補助科目が表示されますので、チェックボックスにチェックを入れ、適切な摘要のボックスに移動しておきます。

* freeeでは、補助科目の代わりに、口座(銀行、クレジットカード等)・取引先・品目を利用します。

 

[登録する]をクリックすると、仕訳データのインポートが始まります。

 

取込結果を確認する

インポートをしたファイルは、[インポート履歴]タブからご確認いただけます。

*アップロードしたCSVは一週間後に自動的に削除されます。

 

[登録された取引]をクリックすると、今回登録したデータをご確認いただけます。

 

トラブルシューティング

エラー内容 対処方法
CSVの読み込みに失敗しました。ファイルサイズが大きすぎるか、ファイルの中身が不正でないかご確認ください。

弥生会計から仕訳データを出力する際は、「弥生形式」ではなく「汎用形式」でご出力いただく必要があります。

そのため、こちらの方法で、出力時の形式を「弥生形式」に指定して出力し直します。

伝票番号が同じ仕訳は同じ日付にしてください。

freeeは「同じ日付 かつ 同じ伝票番号」の仕訳を複合仕訳として取り込むため、「別の日付 かつ 同じ伝票番号」の仕訳同士があるとエラーになります。(例えば、月ごとに伝票番号を振り直しているとこのエラーが表示されます)

そのため、伝票番号を一意の番号で振り直すことで、エラーを解消できます。

(例:「2016040101」といったように「日付+番号」にする、年間の通し番号を使う等)

上記以外のエラーが表示されて解決方法がわからないという場合は、freeeサポートデスクまでお問い合わせください。

 


参考:振替伝票(仕訳形式)の登録について

弥生会計のデータは、振替伝票という、仕訳形式のデータでインポートされます。振替伝票についての詳細は、こちらをご参照ください。

 


参考:弥生会計形式でのエクスポート

freeeから仕訳を出力して弥生会計に取り込むこともできます。

「レポート」→「仕訳帳」→「エクスポート」より、仕訳データを「弥生会計」形式でエクスポートします。

仕訳データは弥生会計で仕訳日記帳にインポートできる形式となっています。

弥生へのインポートがエラーとなる場合は、弥生会計から生成されるエラーメッセージファイルをご確認下さい。