BASE(ベイス) - 売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeでは、無料で簡単にネットショップを作成できるBASEと連携して、その売上データを取り込むことができます。

この連携により、インターネットショップの開設・運営から、そのショップの経理処理までをシームレスに行うことができます。

 

目次

  1. BASEとは
  2. freeeとBASEを連携してできること
  3. freeeとBASEを連携する
  4. 取り込まれたBASEの取引を確認する
  5. 入金があった場合の処理を登録する

 

BASE(ベイス)とは

BASE(ベイス)はインターネット上に無料で自分の店舗をつくることができる、BASE社のサービスです。BASE上では、注文から決済までの一連の購入の流れを行うことができます。BASEについての詳細はこちらをご確認ください。

BASE 画面例

 

freeeとBASEを連携してできること

あなたのBASE ショップの売上や、発送にかかった送料など、インターネットショップを運営する上で帳簿付けをする必要があるデータを、自動でfreeeに取り込むことができます。また、BASEでの売上分はあとで一覧で確認することができます。

【freeeに自動で取り込まれる情報】

  • 商品の売上情報
  • 決済手数料・商品送料
  • 商品のキャンセル情報
  • 売上金を引き出した時の事務手数料(引き出し申請 事務手数料)・振込手数料

 

freeeとBASEを連携する

1. freeeトップページ→[口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」の中のBASEをクリックします。


2. ポップアップウィンドウが開きますので、[認証ページへ]をクリックします。


3. BASEにログインしていない場合は、BASEにログインします。BASEのページへ遷移しますので、freeeに紐付けるBASEのアカウント(BASEのログインID)を設定します。

メールアドレスに間違いがないかを確認し、[アプリを認証する]をクリックします。


4.freeeに戻ると、タグのマッチングを要求するボタンが出るので、クリックします。


5. 設定ボタンをクリックします。


6.タグのマッチングをします。
BASEで使っていた項目と、freeeで利用予定の項目がでてきますので、表示の設定で問題ないかを確認し、保存します。この設定は、あとで修正することもできます。


BASEの連携が完了しました。

 

取り込まれたBASEの取引を確認する

[取引]→[取引の一覧]をクリックし、決済口座で絞ると、BASEで処理をした取引(売上などの入金、引き出し申請の手数料の支払などの出金)を確認することができます。

 

入金があった場合の処理を行う

BASEを連携した場合は、すべて「決済済み」で登録されます。売上金の入金があった場合は、以下のように処理を行います。かかった手数料は、自動でfreeeに登録されますので、お手元で作業していただく必要はありません。

<コンビニ決済・クレジットカード決済の場合>

お客様がコンビニ決済・クレジットカード決済を選択された場合、実際の売上金はBASEにあり、BASEから引き出し申請を行って銀行口座に引き出します。freee上では、売上金は自動で「BASE口座」に「決済済み」で登録されてますので、自動登録されたBASE口座の売上金と、引き出した銀行口座の引出金を口座振替します。

自動で経理の場合:自動で経理を開き、売上金を引き出した明細を口座振替します。


手動で登録する場合:[取引]→[口座振替]から振替を行います。

<銀行振り込みの場合>

お客様が銀行振り込みを選択された場合、実際の売上金は、そのまま銀行口座に引き出します。freee上では、売上金は自動で「BASE口座」に「決済済み」で登録されてますので、BASE口座から銀行口座へ口座振替を行います。(freeeのBASE口座に自動登録された売上金と、銀行口座へ実際に入金された売上金を口座振替します。)

自動で経理の場合:自動で経理を開き、入金された明細を口座振替します。


手動で登録する場合:[取引]→[口座振替]から振替を行います。



TIPS:キャンセル処理について

商品を販売したあとにキャンセルされた場合、以下のような処理が自動で行われます。

  1. 売上げた情報がfreeeに取り込まれていない場合は、キャンセルされた取引自体が取り込まれません。
  2. 売上げた情報がfreeeに取り込まれている場合は、購入キャンセルがあった時点で、取り消す処理が行われます。(収入取引に対して逆仕訳が入力されます。)

*2のケースで、自動処理前に勘定科目や備考欄を手動で変更した場合、取り消し処理が自動で行われない場合があります。

 


TIPS:freee サポートデスクにお声がけください。

連携方法や、freee上の操作についてご不明点がおありでしたら、ぜひfreeeサポートデスクまでお問い合わせください。