経費精算を申請する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト   ✓ ビジネス   ✓ エンタープライズ  
  個人プラン    スターター    スタンダード   ✓ プレミアム  

会計freeeでは、パソコンとスマートフォン(iPhone)のどちらでも経費精算を申請できます。

ここでは、経費精算の申請手順をご紹介します。

 

目次

 

Web版 会計freeeから申請する

新規に申請する場合

1.[取引]メニューの[経費精算]を開きます。

2.[経費精算を申請する]をクリックします。


3.申請経路を選択します。

  • 申請経路の選択肢は、管理者権限のメンバーが作成したものが表示されます。
  • 「承認者を指定」を選ぶと、承認者を単体で指定することもできます。
  • 選択した申請経路の説明(作成者が設定したもの)が表示されますので、参照しながら適切な経路を選択します。



4.申請のタイトルと申請日を入力します。


5.申請する経費の内容を入力します。この際にあらかじめ設定した経費科目を使って、内容を入力することも可能です。

経費科目の設定とそれを使った経費申請についてはこちらのヘルプをご覧ください。

6.必要な場合は、内容に対応した領収書をアップロード・添付します。

添付するファイルは、新規にアップロードするか、アップロード済みのファイルから選択できます。


7.複数の内容を申請する場合は、[入力欄を追加する]をクリックします。


8.経費精算をする上で承認者に備考として伝えたい事項があれば、「備考」欄に記入します。
※経費申請する上「内容」の欄に記載した内容は、経費申請から作成した取引の備考として登録されることとなり、「備考」欄に記述した内容はあくまで経費精算する上での備考となり、作成した取引には反映されません。

9.保存して申請する場合は[申請する]を、保存だけして申請は後で行う場合は[下書きとして保存]をクリックします。
※「下書き」状態の経費精算は、申請者のみが閲覧・編集できます。

10.申請内容が一覧に追加されます。

承認者には、経費精算が申請されたことの通知がメールで届きます。
※ iOS版をインストールしている場合はプッシュ通知も届きます。

 

下書きを編集して申請する場合

保存した下書きを後から申請する場合は、経費の一覧から「状況」が「下書き」の経費を開きます。
※「下書き」状態の経費精算は、申請者のみが閲覧・編集できます。



詳細を確認して、必要に応じて内容を編集したら、[申請する]ボタンをクリックします。

承認者には、経費精算が申請されたことの通知がメールで届きます。
※ iOS版をインストールしている場合はプッシュ通知も届きます。

なお、誤って申請された経費精算は、「下書き」状態であれば申請者自身が削除できます。(承認者によって「差戻し」状態になった経費精算も削除できます)

 

iOS版 会計freeeから申請する

1.iOS版 会計freeeを開き、ログインします。

2.タブの[設定]→その他の機能から [ 経費精算 ] をタップします。
___2.jpg

3.右上の[+]ボタンをタップします。


4.申請タイトル・承認者・備考を入力し、保存します。(承認者と備考の入力は任意です)
※iOS版の場合は申請経路を選択できませんので、承認者を単体で指定します。


5.[経費を追加する]をタップします。


6.経費精算の内容・金額・日付・分類(勘定科目)を入力し、保存します。分類の選択は任意です。


7.レシートなどの画像ファイルを添付する場合は、[ファイルを添付する]をタップして、画像を撮影または選択します。
 

ファイルを新たにアップロードする場合は、「取引日」を選択して保存することでアップロードされます。


8.申請内容を確認し、[保存]をタップします。


9.申請する経費の内容をすべて入力したら、右上の[申請]をタップします。

承認者には、経費精算が申請されたことの通知がメールで届きます。
※ iOS版をインストールしている場合はプッシュ通知も届きます。

参考:後から申請フローを確認する

申請を経て作成された取引は、試算表/月次推移/取引一覧から申請フローを辿って確認することができます。

取引の詳細画面の下部に「関連する申請フロー」として表示されます。
_____.png

また、「その他申請」から以下の申請/依頼への紐付けができます(くわしくはこちらへ)。

・経費精算
・支払依頼
・その他申請
・取引の登録