固定資産をローンで購入した場合の記帳方法

Print Friendly and PDFページを印刷

継続的に利用する高額(10万円以上)なものを固定資産といいます。例えば、営業用に車を購入した場合など、固定資産をローンを組んで購入した場合は、借入金の登録と固定資産の登録を行う必要があります。

ここでは、一連のローン処理の流れをご案内します。

 

目次

  1. ローンで購入した固定資産を計上する
  2. 固定資産を台帳に登録する
  3. ローンの返済を記帳する
  4. 参考:ローンの残高を管理するには
  5. 参考:家事按分の対象となる固定資産を購入した場合の支払利息

 

このページでは、以下の例に沿って記帳の手順をご案内します。 

例:

2014年10月1日に営業車400万円を購入するため、ローンを組みました。

購入時に頭金40万円を払い、残り360万円をローンとしています。

毎月末に11万円(元本10万円、利子1万円)を36回払いで返済します。

支払は、事業用に利用している三井住友銀行から行います。

 

1.ローンで購入した固定資産を計上する

まずは、固定資産を購入したことと、ローンを組んだことを記帳します。

1-1. 頭金の支払いを登録します。(頭金がない場合は1-2.に進みます。)

【銀行と同期している場合】
[取引]→[自動で経理]を開き、頭金の40万円の出金明細を選択し、勘定科目「車両運搬具」で支出取引を登録します。


【銀行と同期していない場合】
[取引]→[取引を登録]を開き、40万円の頭金の支出を手動で登録します。


1-2.車の購入代金を支出として登録します。

自動で経理をご利用の場合も、そうでない場合も、[取引]→[取引を登録]を開き、車の購入代金の支出を勘定科目「車両運搬具」を登録します。

1-1で頭金の登録をした方は、頭金を除いた金額で取引を登録します。頭金がない方は購入金額の全額を登録します。


 

1-3.ローンを組んだ、という情報を登録します。

自動で経理をご利用の場合も、そうではない場合も、[取引]→[取引を登録]を開き、「長期借入金」を登録します。金額は1-2と同額に設定します。
※この時「取引先」にローン会社を設定しておくと、ローンの残高管理がしやすくなります。(後述)

 

以上の操作をすることで、「まずは頭金40万円を払い、残りの360万円はローンを組んだ(=お金を借りた=長期借入金を得た) 」ことを記帳できます。

 

2.固定資産を台帳に登録する

次に、固定資産台帳に登録をします。この時、耐用年数(何年で減価償却するのか)や事業利用比率(プライベートと兼用する場合、何割を事業のために使うのか)を設定できます。

2-1.[決算](または[確定申告])→[固定資産台帳]を開き、[+固定資産の登録]をクリックします。

2-2.購入した固定資産の情報を入力します。

各項目の入力内容については、個人事業主の方はこちら、法人の方はこちらをご参照ください。

※「取得価格」には、頭金の有無に関係なく、購入代金の全額(例の場合は400万円)を入力します。

※プライベートと兼用する場合は、「事業利用比率」を100%未満に設定します。
例)走行距離の30%がプライベート用→事業利用比率70%

2-3.台帳に登録すると、期末に自動で減価償却の計算が行われますので、固定資産台帳メニューより内容を確認します。


 

3.ローンの返済を記帳する

月々の返済時を記帳していきます。ポイントは、引き落とし金額の明細を「元本(長期借入金)の返済」と「利息の支払」の両方を含む取引として登録することです。

銀行と同期している場合

3-1.[取引]→[自動で経理]を開き、返済分の出金明細の[カンタン取引登録]タブの「複数行取引」にチェックを入れます。

3-2.[新しい行を追加]をクリックし、2行にします。

3-3.追加した行に、以下のように入力して保存します。

  • 1行目:勘定科目を「長期借入金」とし、元本の金額(例の場合は10万円)を入力します。

  • 2行目:勘定科目を「支払利息」とし、利息の金額(例の場合は1万円)を入力します。
    ※利息にも家事按分を適用する場合は、特定の品目を設定しておきます。(後述)


 

銀行と同期していない場合

3-1.[取引]→[取引を登録]→[詳細登録]をクリックします。

3-2.[新しい行を追加]をクリックし、2行にします。

3-3.追加した行に、以下のように入力して保存します。

  • 1行目:勘定科目を「長期借入金」とし、元本の金額(例の場合は10万円)を入力します。

  • 2行目:勘定科目を「支払利息」とし、利息の金額(例の場合は1万円)を入力します。
    ※利息にも家事按分を適用する場合は、特定の品目を設定しておきます。(後述)

 


参考:ローンの残高を管理するには

ローンを計上する際と、返済する際、取引の「取引先」欄にローン会社名を入力しておけば、個別に残高を管理できます。

[レポート]→[試算表:貸借対照表]→表示するタグ[取引先]とすればローン会社別の借入金を表示して残高を管理できます。詳しくはこちらもご参照ください。

 


参考:家事按分の対象となる固定資産を購入した場合の支払利息

家事按分の対象となる固定資産(自宅兼事務所など)を購入した場合、借入金返済時の支払利息は家事按分の対象となります。

勘定科目「支払利息」の取引に「営業車ローン利息」などの品目を設定しておき、その勘定科目と品目を対象とした家事按分を登録します。

家事按分について詳しくはこちらをご覧ください。