確定申告書類を税務署に持参・送付して提出する

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン    ライト    ビジネス      
  個人プラン   ✓ スターター   ✓ スタンダード   ✓ プレミアム  

確定申告に必要な書類の準備が終わった後は、税務署に書類を提出しましょう。

会計freeeは、マイナンバーの記入欄が入った平成28年度版以降の書式にも対応しています。

書類の提出方法は、「税務署へ持参」「税務署へ郵送」「e-taxソフトによる電子申告」「freeeによる電子申告」の4種類がありますが、ここでは、申告書を書面に印刷して税務署に持参・郵送する方法について解説します。

 

目次



税務署に持参する場合

1.[確定申告]メニューの[確定申告書類の作成]画面を開きます。

2.「基本」の各項目に入力し、「提出方法」を「税務署で提出」とします。

3.「収支」ステップの各項目に入力します。

4.「確認」ステップで申告書類の作成内容(プレビュー)が表示されますので、内容を確認します。

5.「提出」ステップの「納付方法を選びましょう」で、任意の納付方法を選択します。(納付方法の詳細はこちら

6.「申告書を印刷しましょう」で、決算書と確定申告書のPDFファイルをそれぞれダウンロードします。

  • 税務署には控えも提出する必要があります。そのため、基本的に「控えを含める」にはチェックを入れます。
  • 提出日は自由に設定できるほか、空欄にすることもできます。空欄にした場合は、確定申告書と決算書の両方に手書きで提出日を入力します。
  • [出力する]ボタンをクリックすると、「出力されるPDF一覧」が表示されます。表示されているPDFファイルが、自動的に一つずつダウンロードされます。すべてダウンロードされるまでお待ち下さい。
  • 自動でダウンロードされないファイルは、書類名のリンクをクリックするか、出力済み申告書一覧からダウンロードすることができます。
  • 消費税の申告書は、[消費税申告書の作成]画面より別途作成・出力する必要があります。

7.ダウンロードしたPDFファイルを、PDF閲覧ソフトやブラウザで開き、印刷します。

8.以下のように押印・マイナンバーの記入を行います。
印鑑は認印でも構いませんが、シャチハタなどのゴム印は不可とされていますのでご注意ください。

  • 確定申告書Bの第一表と青色申告決算書の1枚目に、個人の印鑑を押印します。(提出用と控えの両方に押印します)
  • 確定申告書Bの提出用の第一表に、事業主のマイナンバーを記入します。
  • 配偶者(特別)控除を受ける場合は配偶者の、扶養控除を受ける場合は扶養親族の、専従者給与を経費に算入する場合(または専従者控除を受ける場合)は専従者のマイナンバーを、それぞれ確定申告書Bの提出用の第二表に記入します。

 

 

 

9.「添付書類を集めましょう」に、添付が必要な書類の一覧が表示されますので、手元に集めます。
※ 直接入力編集画面で入力した場合は、この一覧にはない添付書類が必要になることがあります。詳しくは直接入力した項目のヘルプページや、国税庁サイトをご参照ください。


10.「管轄の税務署に提出しましょう」に、「基本」ステップで選択した税務署の地図が表示されますので、そこに提出書類を持って行きます。

※納付方法を「税務署で支払う」にすると、納税が必要な場合はその金額も表示されますので、その金額のお金も持っていきます。



税務署に郵送する場合

1.[確定申告]メニューの[確定申告書類の作成]画面を開きます。

2.「基本」の各項目に入力し、「提出方法」を「郵送」とします。

3.「収支」ステップの各項目に入力します。

4.「確認」ステップで申告書類の作成内容(プレビュー)が表示されますので、内容を確認します。

5.「提出」ステップの「納付方法を選びましょう」で、任意の納付方法を選択します。(納付方法の詳細はこちら

6.「申告書を印刷しましょう」で、決算書と確定申告書のPDFファイルをそれぞれダウンロードします。

  • 税務署には控えも提出する必要があります。そのため、基本的に「控えを含める」にはチェックを入れます。
  • 提出日は自由に設定できるほか、空欄にすることもできます。空欄にした場合は、確定申告書と決算書の両方に手書きで提出日を入力します。
    [出力する]ボタンをクリックすると、「出力されるPDF一覧」が表示されます。表示されているPDFファイルが、自動的に一つずつダウンロードされます。すべてダウンロードされるまでお待ち下さい。
  • 自動でダウンロードされないファイルは、書類名のリンクをクリックするか、出力済み申告書一覧からダウンロードすることができます。
  • 消費税の申告書は、[消費税申告書の作成]画面より別途作成・出力する必要があります。

7.ダウンロードしたPDFファイルを、PDF閲覧ソフトやブラウザで開き、印刷します。

8.以下のように押印・マイナンバーの記入を行います。
印鑑は認印でも構いませんが、シャチハタなどのゴム印は不可とされていますのでご注意ください。

  • 確定申告書Bの第一表と青色申告決算書の1枚目に、個人の印鑑を押印します。(提出用と控えの両方に押印します)
  • 確定申告書Bの提出用の第一表に、事業主のマイナンバーを記入します。
  • 配偶者(特別)控除を受ける場合は配偶者の、扶養控除を受ける場合は扶養親族の、専従者給与を経費に算入する場合(または専従者控除を受ける場合)は専従者のマイナンバーを、それぞれ確定申告書Bの提出用の第二表に記入します。

 

 

 

9.「添付書類を集めましょう」に、添付が必要な書類の一覧が表示されますので、手元に集めます。
※ 直接入力編集画面で入力した場合は、この一覧にはない添付書類が必要になることがあります。詳しくは直接入力した項目のヘルプページや、国税庁サイトをご参照ください。


10.「角形2号の封筒に入れましょう」で示されているとおりに、申告書類・添付書類・返信用封筒・切手を、角形2号の封筒に入れます。

11.「普通郵便で送りましょう」に、「基本」ステップで選択した税務署の住所が表示されますので、書類を入れた封筒をその住所に郵送します。

12.「確認」ステップで表示された納税額を、選択した方法で納付します。