【法人】社員が法人の支出を立て替えた場合の記帳方法

Print Friendly and PDFページを印刷
対象プラン
  法人プラン   ✓ ライト   ✓ ビジネス      
  個人プラン    スターター    スタンダード    プレミアム  

法人の支出について、一時的に役員や従業員などの個人が立て替えて支払う場合があります。このページでは、そのような場合の記帳方法をご紹介します。

※ 個人事業主の方がプライベートの資金で経費を支払った場合についてはこちらをご覧ください。

 

目次

 

 

役員の資金で費用を支払った場合

例:役員が会社で使うコピー用紙を購入したが、役員個人の財布から現金で支払った。

1.[取引]→[取引を登録]をクリックします。

2. 口座を「役員資金」にして取引を登録します。役員の資金(役員借入金)で支払った取引として登録されます。

【仕訳】 (借)消耗品費 5,000 (貸)役員借入金 5,000

※ 役員個人のクレジットカードで支払った場合も同じ手順で登録できますが、カード口座の同期を設定して記帳することもできます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

未払いだった費用を役員の資金で支払った場合

例:前月末に受けた請求(未決済で登録した取引)の支払期日が来たが、一時的に資金が足りない状態だったため、急きょ社長の銀行口座から支払った。

1. [取引]→[取引の一覧]を開き、未決済で登録した当該取引をクリックします。

2. 取引の詳細画面で[決済を登録]ボタンをクリックします。

3. 決済口座を「役員資金」として、決済した日付と金額を入力して保存します。

※ 決済を登録した金額分、未決済取引の登録時に計上されていた負債(未払金・買掛金など)が役員借入金に振り替わります。
【仕訳】(借)未払金など 100,000 (貸)役員借入金 100,000

 

立て替えられていた資金を役員に返す場合

法人の資金から役員に資金を返す場合は、勘定科目「役員借入金」の支出取引を登録します。この時の金額分、役員借入金の残高が減額されます。

【仕訳】
(借)役員借入金 20,000 (貸)三菱東京UFJ(法人) 20,000

 

役員個人のクレジットカードを同期して記帳する場合

プライベートのクレジットカードについて、法人の記帳を行う会計freeeにて同期設定を行う必要はありません。

しかし、役員のプライベートのクレジットカードで法人の支出を立て替える頻度が高い場合は、同期設定をした方が経理処理をカンタンにできるケースがあります。

詳しい処理方法については、こちらのヘルプページをご参照ください。

 

 

役員以外の従業員が経費を立て替えた場合

役員以外の従業員が経費を立て替えた場合、「役員借入金」を計上することは適しませんので、未決済取引で計上後、精算時に決済を登録します。

具体的には、以下の手順で登録します。

  1. 従業員に経費を申請してもらい、その申請を承認します。
  2. 申請日を発生日とした未決済の支出取引を登録します。勘定科目は通常の費用の科目とします(旅費交通費など)。
  3. 経費を精算した(従業員に立替分を支払った)時点で、1の取引に決済を登録します。

なお、役員の方が立て替えた場合にもこの方法を採用することができます。

freeeの上位プランで利用できる「経費精算」機能を使用することで、上記の申請・承認・取引登録・決済登録を簡単に行うことができます。詳細はこちらをご覧ください。

 


参考:他の方法で役員資金による支払いを処理していた場合

会計freeeでは、2015年7月の機能追加により「役員資金」を決済口座として選択できるようになり、簡単に次のような仕訳を入力できるようになりました。
(借)費用勘定 XXX  (貸)役員借入金 XXX
他の方法で処理している方も、「役員資金」で決済する方法に切り替えていただいて大丈夫です。

 

ただし、役員が立て替えた金額の管理用口座をfreeeで便宜上作成し、それを用いて処理していた場合、同口座の残高を全て「役員借入金」勘定に振り替えたのちに処理方法を切り替えてください。(以下の例を参照)

例)「役員資金口座」の残高が-2万円(貸方金額2万円)だった場合

パターン①
口座は役員資金口座、勘定科目は「役員借入金」、金額は2万円の収入取引を切り替え日付で登録します。

パターン②
借方:役員資金口座/貸方:役員借入金の振替伝票を、金額2万円・切り替え日付で作成します。

 

経理・決算についてもっと詳しく知るには

法人経理や決算を、シェアNo.1のクラウド会計ソフトである「freee」で行うための実践ガイドです。法人経理や決算書の作成・申告で必要な作業や、freeeの操作、活用方法をご紹介しています。

freeekeiri

目次

  1. 法人決算と提出処理
  2. 会計ソフトの目的
  3. freeの特徴
  4. 日々の経理におけるfreeeの操作方法
  5. freeeを使った収支分析
  6. 決算申告に必要な作業
  7. freeで行う決算書作成
  8. 税理士の役割
無料でダウンロード