Dropboxに保存したレシート類を取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

オンラインストレージサービス「Dropbox」に領収書や請求書の画像ファイル・PDFファイルを保存しておけば、freeeのファイルボックスにカンタンに取り込むことができます。

ここでは、freeeとDropboxを連携させて、ファイルボックスにファイルを取り込む方法をご紹介します。

 

目次

 

Dropboxとは

Dropbox社が提供するオンラインストレージサービスです。

ブラウザやパソコンのアプリ、スマートフォンのアプリなどから簡単にオンラインストレージへアクセス、ファイルを管理できます。

また、パソコンにアプリをインストールすると「Dropbox」フォルダが作成され、その中に保存したファイルを自動でクラウド上にアップロード・同期することなどもできます。

ファイルのバックアップとして利用できるほか、Dropboxフォルダ内のファイルを他のユーザーと簡単に共有できます。

Dropboxについての詳細はこちらをご覧ください。



1. Dropboxに書類データを保存する

freeeをDropboxと連携させるにあたり、Dropboxフォルダ内にファイルボックス用のフォルダを作成しておきます。(フォルダ名は自由です)


このフォルダの中には、freeeに取り込むデータだけを入れておきます。(このフォルダ内のすべてのファイルが取り込まれます)

ファイル形式を揃える必要はなく、画像・PDFをまとめて入れておくことができます。



2. Dropboxに保存したファイルを取り込む

2-1. [取引]→[ファイルボックス]をクリックします。

2-2. [Dropboxからインポート]をクリックします。


2-3. Dropboxに登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。


2-4. [許可]をクリックして、freeeがDropboxへアクセスするのを許可します。


2-5. Dropboxフォルダの内容が表示されますので、1.であらかじめ作成しておいたフォルダを選択します。


2-6. ファイルボックス用フォルダの内容を確認し、[○件のファイルをインポートする]をクリックします。

※ 以前に取り込んだものと同じ名称・更新時間であるファイルは取り込まれません。

2-7. [インポートを開始する]をクリックします。


2-8. 少し時間を置いてからファイルボックスの画面を開くと、Dropboxの指定フォルダ内に保存していたファイルが取り込まれています。
※ファイルは、Dropboxのファイルボックス用フォルダの「最終更新日時」の降順で取り込まれます。(最近更新したものが上に表示)

※一度Dropboxからファイルを取り込んだら、それ以降は、Dropboxから最後にファイルを取り込んだ日時がインポートボタンに表示されるようになります。


2-9. アップロードしたファイルをクリックして、ファイルに取引を登録するか、取引にファイルを添付します。(詳しい手順はこちら

 


参考:Dropboxとの連携を解除する

Dropboxとの連携を解除するには、Dropbox側を操作することで連携を解除できます。

1. Dropbox(ブラウザ版)へアクセスし、ログインします。

2. 右上のアカウント名をクリックし、「設定」→「セキュリティ」メニューを開きます。

3. リンク済みのアプリで「freee」を見つけ、右側の×をクリックし連携を解除します。

別のDropboxアカウントと連携し直したい場合は、以上の操作で一度連携を解除してから、再度連携を設定します。

 

 


参考:iOS版 会計freeeでDropboxに保存した書類を取り込む

Dropboxに保存した書類は、iOS版 会計freeeでも取り込むことができます。

以下の画像の赤枠部分をタップしていくことで、1枚ずつ取り込みます。