LOHACO(ロハコ) - 購入履歴を取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeとLOHACO(ロハコ)を同期すると、日々の消耗品購入等の経理処理をスムーズに行うことができます。

 

目次

  1. LOHACO(ロハコ)とは
  2. 同期設定の手順
  3. freeeに取り込まれたデータの処理
  4. 代金を支払った場合の処理
  5. 参考:取引の取り込み開始期間について

 

1. LOHACO(ロハコ)とは

LOHACO(ロハコ)は、アスクル株式会社が運営する一般消費者向けの通販・ネットショッピングサイトです。freeeでは、同期設定をすることでLOHACOでの購入データを自動で取り込むことができます。

LOHACOの詳細については、こちらからご確認ください。

 

2. 同期設定の手順

1. [口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」から「LOHACO(ASKUL)」を選択し、口座を追加します。


2. ID・パスワードの入力画面になりますので、LOHACOのログイン時に利用する、Yahoo Japan ID・パスワードを入力し、[LOHACO(ASKUL)と同期する]という青いボタンをクリックします。

※ こちらの画面にいつも入力しているID・パスワードとなります。


3. 同期の終了次第、freeeトップ画面の左にASKULという口座が新規で作成されます。(同期設定はスキップし、後ほど設定いただいても大丈夫です)

 

3. freeeに取り込まれたデータの処理

LOHACO(ASKUL)口座での支出として処理し、利用分だけ未払金が溜まる形となります。

freeeメニュー「取引」→「自動で経理」から、同期によって取り込んだ明細を処理します。

なお、うまく推測がなされなかった明細も、次回以降は初回の内容で自動推測されるようになります。

 

4. 代金を支払った場合の処理

支払口座から「LOHACO(ASKUL)口座」口座への「口座振替」として処理します。

  • 振替元:(出金した口座名)
  • 振替先:「LOHACO(ASKUL)口座」口座

 

1. freeeに同期しているクレジットカード口座から支払った場合

例:LOHACOで2,148円分を2015/9/3に購入し、クレジットカードで支払った。

「自動で経理」から処理します。

[取引]→[自動で経理]→[口座振替・カード引落しタブ]→振替先口座「LOHACO(ASKUL)」として処理します。

 

2. 同期していない口座から支払ったり、コンビニで現金支払いした場合

例:LOHACOで2,148円分を2015/9/3に購入し、2015/9/5にコンビニで手数料324円と一緒に支払った。

freeeメニュー[取引]→[口座振替]から処理します。なお、コンビニ払い・代引き払い等の場合、併せて「支払手数料」の支出を登録します。

振替元口座「現金」・振替先口座「LOHACO(ASKUL)」で登録します。
※ 「詳細登録」を用いると、手数料の取引について品目等を細かく指定できます。

 


参考:取引の取り込み開始期間について

freeeにおける当会計期間の開始日以降のデータを取得します。(例えば、2015-01-01〜2015-12-31が会計期間の場合、2015年1月1日以降のデータを取り込みます)