ペイパル(PayPal) - 購入履歴・売上データを取り込む

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeにペイパル(PayPal)を口座として登録すると、ペイパルの購入履歴・売上データを自動でfreeeに取り込むことができます。

取り込んだ履歴は「自動で経理」機能で帳簿付けを自動化できますので、ペイパルをご利用の方の経理業務を効率化できます。

 

目次

 

ペイパルとは

ペイパルは、あらかじめクレジットカードなどの情報を登録しておくことで買い物の決済をカンタンにできるサービスです。また、ご自身の事業での売上もペイパルで決済することができます。

ペイパルについての詳細は、こちらの公式サイトをご覧ください。

 

ペイパルの同期設定を行う

1.[口座]→[口座を登録]を開き、「決済サービスや電子マネー」から「PayPal」を選択し、口座を登録します。
検索窓に「paypal」などと入力して検索するとスムーズに見つけられます。


2.確認のメッセージが表示されますので、[認証ページヘ]をクリックしてペイパルの同期設定画面(認証画面)を開きます。


3.ペイパルの画面が開きますので、ペイパルでご利用のログインIDとパスワードを入力します。


4.[許可の承認]をクリックして、freeeがペイパルのデータを取得することを許可します。
※ペイパルで利用しているメールアドレスが未認証だった場合は、[許可の承認]をクリックした後にfreee内でエラーが表示されます。その場合は、ペイパルから送られている「新規アカウントの利用開始」メールを開いてメールアドレスを認証します。その後、再度freeeとの同期設定を行います。


5.自動で同期が完了し、その同期完了日時が表示されます。
PayPal口座に表示されているオレンジの数字(取得できた明細数)をクリックすることで、取引を登録できます。

 

取り込んだ利用履歴(明細)を帳簿付けする

明細がインポートされたら、「自動で経理」より取引を登録します。

1.ホーム画面左側の口座一覧から、「PayPal」欄のオレンジ色の数字をクリックします。

2.取り込まれた明細が表示されますので、下表を参考にしながら取引や口座振替を登録します。

ペイパルからfreeeに取り込まれる明細は下表のとおりです。

一部の登録例をご紹介していますので、参考にしながら取引や口座振替をご登録ください。

入出金

種類

表記の例
(明細の取引内容)

登録する内容

備考

出金

国内への支払
(実際に購入した内容)

支払い

支払い内容に該当する勘定科目(消耗品費・仕入高など)の支出取引

 

出金

国外への支払
(実際に購入した内容)

通過換算

支払い内容に該当する勘定科目(消耗品費・仕入高など)の支出取引

日本円換算の明細のみ取り込まれます。

出金

決済手数料

 

勘定科目「支払手数料」の支出取引

 

入金

クレジットカードによる決済
(クレジットカード換算)

その他(Transfer)

以下のいずれかを「クレジットカード口座からPayPal口座への口座振替」として登録し、もう一方を「無視」する

  • PayPal口座の入金明細(取引内容は「Transfer」等)
  • クレジットカード口座の出金明細(取引内容は「ペイパル」等)

 

入金

銀行口座による決済

 

以下のいずれかを「銀行口座からPayPal口座への口座振替」として登録し、もう一方を「無視」する

  • PayPal口座の入金明細(取引内容は「Transfer」等)
  • 銀行口座の出金明細(取引内容は「ペイパル」等)

 

入金

売上の発生

 

勘定科目「売上高」の収入取引

 

出金

売上の銀行口座への払い出し

 

以下のいずれかを「PayPal口座から銀行口座への口座振替」として登録し、もう一方を「無視」する

  • PayPal口座の出金明細
  • 銀行口座の入金明細(取引内容は「ペイパル」等)

PayPal口座から銀行口座への口座振替
※ 銀行口座に取り込まれた明細は無視

 

入金

請求額のお知らせ

その他(Bill)

無視」をする

 

  


参考:2016年09月01日以前からPayPal口座をご利用の場合

ペイパルとfreeeの同期は、 2016/09/02 から再開されました。(API連携という形式を採用し、安定性も向上しました)

それまでPayPal口座を登録していた方は、以下の手順でペイパルの再認証をすることで、今までご利用だったPayPal口座の同期を再開することができます。

なお、同期の再開においては、以下の注意事項を先にご確認ください。

  • 手動で取り込んだ明細は、同期で取得した場合の明細と取引内容が異なることがあるため、自動登録ルールがうまく適用されない場合があります。必要に応じて、手動取り込みでも同期でも適用されるように自動登録ルールをご編集ください。(自動登録ルールの詳細はこちら
  • これまで通り、手動で利用履歴を取り込むこともできます。(詳しい手順はこちら
  • PayPal口座の同期をAPI連携で再開した際、その時点で取得済みの明細は再取得されません。

1.ホーム画面に表示されているオレンジのメッセージをクリックします。


2.[設定する]ボタンをクリックします。


3.ペイパルの画面が開きますので、ペイパルのログイン情報を入力してログイン後、freeeとの連携の許可を承認します。

  


参考:ペイパルの利用履歴を手動でfreeeに取り込む

freeeに登録したPayPal口座には、ペイパルの利用履歴を手動で取り込むこともできます。

ただし、以下の点にご注意ください。

  • freeeに取り込めるのは日本円(JPY)による取引履歴のみです。
  • 手動で取り込んだ明細は、同期で取得した場合の明細と取引内容が異なることがあるため、自動登録ルールがうまく適用されない場合があります。
    必要に応じて、手動取り込みでも同期でも適用されるように自動登録ルールをご編集ください。
    (自動登録ルールの詳細はこちら

1.[取引履歴]メニューを開き、[明細]→[取引履歴のエクスポート]をクリックします。


2.日付範囲を指定し、「コンマ区切り - 残高に影響する支払い」を選択して、[取引履歴のダウンロード]をクリックします。


3.ホーム画面左側の口座一覧にある「ペイパル(明細)」を開き、一番左の明細アップロードボタンをクリックします。


4.「アップロードするファイルを選択してください」で先ほどの明細ファイルを選択したら、「入出金明細データのタイプを選択してください」は「ペイパル(明細)形式のCSVデータを読み込む」のままにして、[次へ]をクリックします。