freeeは補助科目に対応していますか? - はい、対応しています。

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeは補助科目を用いた記帳・集計に対応しています。

freeeで補助科目に相当する情報としては、取引に付与する品目・取引先と、口座名があります。

これらの情報は、補助残高として集計できるほか、他社ソフトと仕訳データをやり取りする際も自動で最適な補助科目に変換されます。

 

目次

 

補助科目に相当する情報を登録する

freeeでは補助科目に相当する情報を「品目」「取引先」「口座名」に分けて処理していますが、それぞれ以下の手順で登録できます。

品目・取引先

1.[取引]メニューより、任意の画面を開きます。

2.「取引先」欄と「品目・部門・メモタグ」欄で任意のものを選択してから、取引を登録します。ここで選択したものが、補助科目に相当する情報になります。

例えば、「A社」に対して「ITシステム」という名目で売掛金が発生した場合は、以下のように登録します。

項目名

入力内容

品目

ITシステム

取引先

A社

勘定科目

売上高

決済状況

未決済

登録した取引は、他社ソフト向けに出力すると以下のような仕訳になります。

借方勘定科目

借方補助科目

貸方勘定科目

貸方補助科目

売掛金

A社

売上高

ITシステム

 

口座名

freeeに登録済みの口座で、取引を決済します。

この時決済に利用した口座の名前が、補助科目に相当します。

例えば、「みずほ」という口座で決済した取引は、他社ソフトの仕訳の形式では、以下のようになります。

決済日

左記の取引から作成される仕訳(他社ソフトの形式)

借方勘定科目

借方補助科目

貸方勘定科目

貸方補助科目

発生日と決済日が同じ場合

普通預金

みずほ(法人)

売上高

ITシステム

発生日と決済日が別の場合

売掛金

A社

売上高

ITシステム

普通預金

みずほ(法人)

売掛金

A社

 

補助残高を確認する

freeeでも、他社ソフトの補助残高一覧表に相当する残高を集計・確認できます。

取引先・品目ごとの集計

[レポート]メニュー内の[試算表]から、取引先ごと・品目ごとに残高を集計できます。

試算表画面の上部にある「表示するタグ」の[取引先]または[品目]ボタンをクリックすることで、取引先ごとの売掛金や、品目ごとの売上高を見ることができます。

【例】取引先ごとの売掛金などの残高を貸借対照表で確認する場合


【例】品目ごとの売上高を損益計算書で確認する場合

 

口座ごとの集計

[レポート]メニュー内の[試算表]から[貸借対照表]タブを開くと、流動資産欄に口座ごとの残高が表示されています。


 

補助科目を含む仕訳データを他社ソフトとやりとりする

freee上で登録した取引(仕訳)を他社の会計ソフト向けに出力する際は、自動で補助科目の形式に変換されます

例えば、勘定科目「消耗品費」の取引に「文房具」という品目を付与している場合は、勘定科目が「消耗品費」で補助科目が「文房具」の仕訳として出力されます。

また、freeeは他社ソフトで作成した仕訳を取り込むこともできますが、補助科目は自動でfreeeに合った形式に変換されます

補助科目がどのように自動で変換されるかは、以下の仕訳出力のヘルプページをご参照ください。

 


参考:摘要・部門の扱いについて

freee上の取引には、「取引先」や「品目」以外に「メモタグ」「備考」も付与できますが、これらの仕訳を他社ソフト向けに出力すると、「摘要」欄に統合されて出力されます。

また、freee上の「部門」は、他社ソフト向けに出力された仕訳でも「部門」として扱われます。(部門欄の無いソフト向けの出力時はは除きます。)

 


参考:「取引先」と一般的な補助科目の違いについて

  • 「取引」に「取引先」を付与すると、freee上の集計では、例えば損益計算書の「売上高」にも、貸借対照表の「売掛金」にも、「A社」「B社」といった取引先別の集計結果が表示されます。
    これは、freee上では「取引先」が貸方と借方の両方に付与されたものと扱われるためです。
    ※ 他社ソフト向けに補助科目として出力した場合は、貸方か借方のどちらかにのみ出力されます。

  • 「取引先」には、担当者名・住所・連絡先などを登録することができます。
    freeeではこれらの情報を引用することで、より簡単に請求書支払調書を作成できるようになっています。

 


参考:「取引先」「品目」を補助科目のように勘定科目に紐つける

取引先・品目を補助科目のようにある勘定科目の内訳として用いたい場合、勘定科目の内訳管理用の取引先・品目を設定することで対応できます。

詳しい設定方法はこちらのヘルプページをご確認ください。