サポートデスクとの間でデータの受け渡しを行う

Print Friendly and PDFページを印刷

会計freeeのデータ受け渡し機能をご利用いただくことで、freeeサポートデスクとのデータの受け渡しをより安全に行うことができます。

ここでは、データ受け渡し機能のご利用方法をご紹介します。

 

目次

 

データ受け渡し機能について

ご利用場面

データ受け渡し機能は、以下の用途で利用します。

  • お客様がアップロードしたファイルをサポートデスクがダウンロード
  • サポートデスクがアップロードしたファイルをお客様がダウンロード

また、以下のような場面でのご利用を想定しています。

  • 初期設定サポート:freeeに取り込むCSVファイルの受け渡し等
  • 通常のサポート:お問い合わせ内容の画面キャプチャやCSVファイルの受け渡し等

 

ご注意点

  • データ受け渡し機能を利用できるのは、「管理者」権限のメンバーのみです。
  • カスタムされた権限のメンバーは利用できません。
  • アップロードされたデータは、アップロードから3ヶ月経つと自動で削除されます。



データをアップロードする

※ データ受け渡し機能は、こちらのURLから開くこともできます。

1.会計freeeの画面上部にあるメニューの[設定]をクリックします。


2.「初期設定」欄にある[データ受け渡し]をクリックします。


3.画面上部のグレーの欄をクリックして、アップロードするファイルを選択します。
(またはファイルをドラッグ&ドロップします)


4.必要に応じて、「備考」欄にメモを入力します。


5.[送信する]ボタンをクリックすると、ファイルのアップロードが完了します。


 

アップロードしたデータを確認する

アップロードしたファイルの一覧は、以下のように確認・利用できます。

  • 「No.」は事業所ごとに一意で割り振られた番号です。
    (削除したファイルの番号は再度使われません)
  • 「氏名」列で、どのメンバーがアップロードしたかを確認できます。
  • 「ファイル名」をクリックすると、そのファイルをダウンロードできます。
    (ダウンロードした時のファイル名は、「事業所番号_ファイル番号.拡張子」となっています。)
  • 「削除」ボタンをクリックすると、そのファイルを削除できます。