登録した取引を修正・削除する

Print Friendly and PDFページを印刷

誤って登録してしまった取引は、あとから修正・削除することができます。

取引の修正や削除は、一つずつ行うことも、まとめて行うこともできます。

 

目次

 

取引を修正・削除する際の注意点

取引の修正・削除を行う場合、以下の点にご注意ください。

  • 修正・削除した取引を元に戻すことはできません。
  • 「自動で経理」から登録された取引を削除すると、元の明細が「登録待ち」になります。
  • 「請求書」から登録された取引を削除すると、元の請求書だけが残ります。
  • 「ファイルボックス」から登録された取引を削除すると、元のファイルが「未登録」になります。(ファイルが複数の取引に添付されていた場合を除く)
  • 「経費精算」から登録された取引を削除すると、元の経費精算が「下書き」になります。

 

取引を一つずつ修正・削除する

1. [取引]→[取引の一覧]をクリックします。

2. 修正・削除したい取引の行をクリックして、詳細を表示します。


3. 取引の詳細が開きますので、取引内容を修正したら[保存]ボタンをクリックします。

なお、取引の詳細画面では、取引のコピー、取引のテンプレート化決済情報の修正登録されている仕訳の確認コメントの確認と投稿、登録者の確認も行うことができます。

取引自体を削除する場合は、[削除]ボタンをクリックします。

※ 取引金額を変更する場合は先に決済を削除します。決済の修正・削除方法はこちら

※ 取引の収支区分を変更したい場合は、一度取引を削除して登録し直す必要があります。

 

取引をまとめて修正・削除する

1. [取引]→[取引の一覧]をクリックします。

2. 条件による絞り込みなどを活用しながら、修正・削除したい取引を一覧に表示します。


3. 修正・削除したい取引にチェックマークを入れます。(全選択したい場合は一番の✓ボックスにチェックを入れます)


4. 行いたい作業に応じて、それぞれ下記の手順で操作します。

【修正】

[一括編集]をクリックします。各項目に修正内容を入力し、内容を削除する項目は「削除する」欄にチェックを入れ、[保存する]をクリックします。

請求書から作成した取引は、まとめて修正できません。

また、発生日・決済日・管理番号・金額・コメントの項目も、まとめて修正できません。

【決済の追加または削除】

[一括決済]をクリックします。新たに決済したい場合は、決済日と口座を入力して[決済する]をクリックします。すでに決済された内容を削除したい場合は[決済を削除する]をクリックします。


【取引の削除】

[削除]をクリックします。取引削除における注意事項(下記参照)が表示されますので、問題なければ[削除する]をクリックします。

 

すべての取引を削除する

すべての取引を削除したい場合は、[設定]→[リセット]機能をご利用ください。

期間と対象を指定して一括削除することができますが、削除したデータは復元できませんのでご注意ください。

リセット機能についての詳細はこちらをご覧ください。