開始残高に入力した内容を消し込む・振り替える

Print Friendly and PDFページを印刷

freeeの利用開始年度の期首時点で、売掛金や買掛金などの債権・債務がある場合、開始残高としてfreeeへ入力します。それらの決済時における消し込み・振替方法についてご案内します。

開始残高の消し込みについては、3通りの方法から事業所に応じた方法を選択して処理します。 

※ 開始残高の設定についてはこちら
※ freee使用開始後に発生した売掛金や買掛金の登録方法についてはこちら

 

目次

  1. (消込)消込用の未決済取引を作成する方法
  2. (消込)当該勘定の取引を入力して直接消し込む方法
  3. (消込・振替)振替伝票を用いる方法

 

(消込)消込用の未決済取引を作成する方法

「開始残高の設定」にて取引先別に売掛金・買掛金等の情報を登録した場合に、この方法での処理が必要です。

1. 開始残高に消込登録用の未決済取引を設定する

1-1.[設定]→[開始残高の設定]の編集画面にて、売掛金・買掛金等の右隣に表示される「内訳を登録」ボタンをクリックします。

 

1-2.取引先別に残高を入力して「適用」ボタンをクリックして反映します。


1-3.編集した開始残高を保存する際に、「今期開業または会計期間の始めからfreeeを使い始める方」を選択して保存します。
SS_2017-03-02_17_37_49.png

1-4.入力した内容は、[開始残高の設定]の画面の下部に表示されます。

※ もし、登録内容が間違っていた場合は、登録された取引の決済・更新を削除した後、[取引を登録する]から内訳を開いて各行を削除できます。

 

2. 作成した未決済取引に対して決済を登録する

通常の取引と同じように決済(消し込み)を登録できます。

詳しい手順は、以下のリンク先をご覧ください。

なお、開始残高から登録した取引は、勘定科目「前年度繰越収益」または「前年度繰越費用」で登録されています。

 

 

(消込)当該勘定の取引を入力して直接消し込む方法

「開始残高の設定」にて取引先別に売掛金・買掛金等の情報を登録していない場合、この方法で処理できます。

例:

2013/8/1にfreeeの利用を開始しました。

2013/8/31に回収予定の売掛金1,000,000円は、開始残高として設定しました。

決済期日に回収したので、freeeで売掛金の回収処理を行います。

1. 開始残高を設定する

開始残高として売掛金1,000,000円を登録します。

この段階では試算表には売掛金が(借方)残高として1,000,000円あります。

 

2. 売掛金(買掛金)の勘定科目を設定する

「設定」メニューの「勘定科目の設定」から、消し込みたい勘定が検索で表示されるように設定します。

 

3. 売掛金(買掛金)の消し込みをする 

売掛金(買掛金)という勘定科目を使って消し込みを行います。_J_n_c___Å_Ý_è_µ_______Æ_____Ì_Á_______É_Â___Ä_____Ä_________C.png


試算表を確認すると、売掛金が減少し、みずほ(入金された口座)が増加している事がわかります。_X_N_______V___b_g_2013-07-25_16.06.59.png

※ 開始残高の売掛金、買掛金、未収金、未払金を解消したら、その後は、「売掛金」や「買掛金」の勘定科目は取引登録時には使用しません。未決済の取引を作成し、消し込みをすることで「売掛金」や「買掛金」の仕訳が自動で起こるためです。

 

(消込・振替)振替伝票を用いる方法

仕訳を直接入力し、消し込み・振替を反映します。(振替伝票のヘルプページはこちら

[決算](または[確定申告])→[振替伝票]の「振替伝票を作成する」ボタンから、振替伝票を作成します。

例:開始残高の貸方に入力した「前受金」400,000円を「売上高」に振替える。

例:開始残高の借方に入力した「前払費用」を、「支払手数料」に振替える。